おはりばこチャリティ途中経過集計!!

現在おはりばこで行っているチャリティ企画で集まった義援金の途中経過をご報告いたします。


【笑顔の桜キャンペーン】


3/26~4/10までの合計

52920円



【はなみばこチャリティフリマ&投げ銭】

25310円


【合計】

78230円

たくさんのご協力、ありがとうございます!
引き続き、4/20まで桜クリップは続けてまいります。

そして、次なる企画も計画中です。


2011はなみばこ!無事終了しました。

5回目を迎えるはなみばこ、今年は桜の開花ぶりが例年になくドンピシャでした。

来られなかった方を後悔させるような、写真いっぱい入りのレポートでお届けします♪


11041001.jpg
お昼のフリマの様子。
今回は子供ちゃんがたくさん来てくれました!

かわいいお姫様に癒されながら、おはりばこの二階から満開の桜を楽しんでもらえましたよ。

11041002.jpg
アンティークの子供着物と、浴衣を着てゴキゲンの三人。
真ん中のヒビキちゃんは、ほんとうに良くおチビちゃんたちの面倒を見てくれました。


11041003.jpg
1階では、女子衆がはなみご飯の準備に大忙し。
みんな着物で頑張ってくれました!


11041013.jpg
大徳寺から暮六つの鐘がなり、ライトアップを開始。
この桜をバックに、ライブとご飯とライブドローイングを楽しんでいただきました。


11041004.jpg
ぞくぞく運ばれてくる、パドマカフェ謹製のベジフード。
20人前の料理を、次々作ってくれていました。


11041005.jpg
ライブが始まる。
しっとりとしたインド古典ライブですが、今日は子供ちゃんがたくさんいたので、とっても賑やかなディナーショーになりました。


11041006.jpg
絵描きのオガサワラミチ

11041007.jpg
タブラの尚登くん

11041008.jpg
シタールの洋平くん

11041009.jpg
バンスリのみなみんちゃん

もちろん、みんな着物です。
昔から、インドと日本は意外なところでつながってきた国同士です。
今日も、こんな形で印と和が合体しました。

11041010.jpg
子供ちゃんに囲まれて、満面の笑みのオガサワラ画伯。

目を瞑って音楽に聞き入る人、もりもり御飯食べる人、提灯に描かれていく絵に見入る人、おしゃべりに興じる人。
みんな、自由に楽しんでくれました。

11041011.jpg

11041012.jpg
ご存知、シマナオヤ氏。

だるま商店」という、京都を代表するお笑いコンビのツッコミの方です。



11041014.jpg
最後に、裏方で頑張ってくれた女子衆をご紹介。

前列右から2番目が、パドマカフェのひさのちゃんです。


女性がテキパキ動いている様子は、ホントにカッコイイですね。
みんな、最高に素敵でした。

またあそぼうぜ!



遊びに来てくださったお客様、ありがとうございました!
また次のイベントも楽しみにしていてくださいね。

はなみばこフライヤーと、花見ご飯おしながきが上がってきました

お待たせ!

オガサワラミチ画伯による、はなみばこのフライヤーが完成致しました。

hanami01.jpg

hanami02.jpg


今回はお花見ということで、髪飾りが桜、頭からは桜が生えてます。
でもやっぱりきのこも生えてます。

あなたの雰囲気を捉えて、こんな感じに描いてくれるのが、オガサワラミチの雰囲気画。
当日もあなたの雰囲気画を描いてくれる「雰囲気画屋さん」を出展してくれてるので、ぜひ描いてもらってみてください。



そして、パドマカフェからは当日のお品書きが上がってきました!



【はなみばこお品書き】

☆切り干し大根の梅マリネ

☆おからのたいたん

☆ブロッコリーの寒天よせ

☆壬生菜とお揚げさんのたいたん

☆味噌ラタトゥイユ

☆ごぼうのスペアリブ

☆高野豆腐のカツ

☆豆ご飯

☆インディアン ナスとトマトのVegカレー

☆米粉パン


ひさのちゃん、頑張ってくれてます。

今回、子供ちゃんが多いようなので、おこちゃま向けの米粉パンも用意してくれています。
どうぞ夜の部、お子様も連れて遊びに来てください。

お子様は、

・中学生以上は大人料金
・小学生以上中学生未満は半額1000円
・小学生未満はお一人まで無料、二人以上で子供料金1000円

とさせて頂きます。


いよいよ明後日、お待ちしております!

はなみばこ&喜狂家 春のイベントを二つご案内

ぽちぽちと桜の蕾が開いてきましたね。
皆様のお近くの桜はいかがでしょうか。

春は桜の宴が目白押し。おはりばこもその例に漏れず毎年開催しておりますはなみばこ、今年もやります!
10032501.jpg

【はなみばこ'10】

時:4月3日(土)

昼の部:11:00~18:00
・お茶と桜餅振る舞い(先着40名様)
・喜狂家による初めての煙管ワークショップ(15:00より)

夜の部:19:00~23:00 fee1,500円
・夜桜ライトアップ
・三希堂によるお酒とご飯(飲み放題食べ放題)
・八重山古典民謡ライブ 樋口夕夏


毎年恒例となりました桜餅とお茶の振る舞いは、先着40名様まで無料でお出しいたします。
店主北井が主宰する煙管バー喜狂家による、初心者のための煙管ワークショップは、15:00から。


夜の部は、おはりばこ前の満開の桜を勝手にライトアップ!
夜桜を肴に、美味しいご飯とお酒をお楽しみください。
店主の同級生、樋口夕夏による八重山民謡ライブもご用意。
美しい桜を背に奏でる三線の音に酔いしれてください。




日時は前後しますが、先日に続き、西陣のワインサロン「yu-an」さんにて、春の喜狂家をさせていただきます。

日:3月30日(火)
時:19:00open 19:30スタート
料金:1,500円(1ドリンク付き)
場所:ミホプロジェクトWine Salon yu-an
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/yu-an1/company/index.html

今回のテーマは、桜に満月。
どちらも人を狂わす魅惑の花月。
ただ煙管を餐むだけでなく、今回は塗香(ずこう)をフレーバーにして、高貴な香りと共に楽しんでみたいと思います。
町家の静かなワインサロンを、一夜限りの隠れ花見席に変え、煙管とお酒で夢と現のボーダーまでお連れします。


どちらもお待ちしています!

夜景と紅葉のサンドイッチ

京都の秋、一年で最も人の多い三連休。

車は動かず、タクシーは捕まらず、バスは待てど来ず。
道に人があふれ、クラクションが鳴り響く・・・。

いつもは静かな北区でさえこの有様ってことは、京都自慢の観光地は・・・想像するのも恐ろしい。
せっかく月と紅葉が綺麗な三連休なのに、見えるのはもごもご蠢く黒山ばかり。この時期京都に来てくださった皆様、本当に本当にお疲れ様でした。

「今の時期は混んでることに文句言っても仕方ないわな・・・。」

いえいえ、どこへ行っても混んでいると思われる京都ですが、やっぱり穴場というものはありまして、今回は、連休の初日に店主が行ってきた夜景&紅葉スポットをお教えします。

ことの起こりは連休前夜。
実家へ帰ってみると、妹の友達が久しぶりに泊まりに来ており、「にいにいどっか連れてって~」なんておねだりしてくるもんですから、次の日の晩、仕事が終わってから母と妹とその子を連れて蹴上の大日堂へ車を走らせたのです。
京都人なら、「将軍塚」と言えばピンと来るでしょう。

三条通を東へ向かい蹴上の坂を少し上ったところを左へ。
そのまま道なりへ走り、しばらく行ってからヘアピン気味に右へ入ると、駐車場が現れます。
そう、ここはバス・地下鉄では行けない場所。
だから人も少ないのです。

とはいってもさすがは連休、駐車場空き待ちの車が長蛇の列を作っていました。
112501.jpg

この将軍塚は、京都の夜景スポットとして地元の人の間では有名で、免許取立てのカップルが必ず訪れるメッカ、所謂聖地。

将軍塚の無料展望台と大日堂の駐車場は共同のため、駐車場は混みあいますが、大日堂は有料のため人が少ない、という寸法なのです。
駐車場空きを待つこと30分、将軍塚の奥まで歩いて大日堂に到着。
モンペの夫婦に400円を払ってなかに入ります。

駐車場の混雑振りが嘘のように中はガラッガラ。
庭内の紅葉をゆっくり観賞しましょう。
112502.jpg

112503.jpg

112506.jpg



展望台に登って京都の夜景を望み、
112504.jpg


後ろを振り返れば、闇夜に浮かぶグラデーション。
112505.jpg


人があまり居ないため、記念撮影も余裕です。
112507.jpg



さて、車を持たない人が大日堂を訪れるためにはどの方法がベストなのか?
今回の状況から分析するに。

【地下鉄東西線で蹴上駅までいき、そこから頑張って歩くか親指を立てる。】
体力と根性がある人にオススメ。

【タクシーを拾って駐車場待ちのところまできたら下りてそこから歩く。】
渋滞箇所からは歩いて5分くらいなので、余裕です。

帰りは親指を立てるか、分岐点まで歩いておりてからタクシーを呼ぶ。
あらかじめ、タクシー会社の電話番号を複数登録しておくと吉。

期間は、12月2日までです。
急げ!


うーむ、教えたくない穴場を教えてしまった。
あまり有名になりすぎて、人がわんさか押し寄せでもしたら京都人に怒られそうなので、もう一つだけ蛇足情報を。


将軍塚は有名な心霊スポットです。
お出かけの際は、 


お  気  を  つ  け  て






プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索