きのこの柄の帯巻いて

先日、正尚堂さんで帯をオーダーメイドした、という話を書きましたが、早くも今日、出来た帯を持って納品にいらっしゃいました。

オーダーしていたのは、紅花染(?)の木綿の布と縞の織の布を使った昼夜帯。
043001.jpg


紅い帯なんて男物ではまずないですから、これはイイ!
地味な男着物に映えそうです。

この帯の特徴はなんと言っても、らしくない柄。
いわゆる和の柄ではなく、なんなんでしょう、これ。的な妙ちくりんな柄が素敵なんですが、その中でも特筆すべきは、きのこ柄が入っていること!
043002.jpg


きのこフリークの店主としては、この布を正尚堂さんで見つけたときに狂喜乱舞、即断即決した次第なのです。

本来この帯は、店主が先日手に入れた筒描の夜着に合わせるために誂えたものでして、藍色に映える帯を作りたい一心から実現した品物なのです。
その夜着がこちら。
043003.jpg


二つ巴に松竹梅、しかも松は店主の家紋の三階松。
しかもサイズもぴったりと来たもんだ。

この夜着というのは、着物の形をしたお布団のこと。
現役の時は、これに綿が入っていて、袖に腕を通して寝ることが出来るというスグレモノなのです。
ちなみに、店主の冬布団は、現代物の夜着です。

この筒描の夜着にあわせて着けたいわけなのですよ。
祭の時とか、張り切っちゃいたいわけなのですよ。


男物の帯ってほんっとに似たり寄ったりですから、こんな面白いオリジナルの帯が出来るなら、いっぱい作っちゃいそうです。
正尚堂さんでは綿の染物の布なんかもたくさんあるので、欲しい方はぜひ相談してみてください。
お値段も、びっくりするぐらい良心的です(店主はびっくりしました)。

欲しいものがないなら作っちゃえ!
これがオーダーメイドの心意気です。

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索