鐘鬼さん

鐘鬼さんってご存知ですか?

鐘鬼さんとは、魔よけの鬼瓦のようなもので、京都の古い家なら大概1階の庇の上に見つけることが出来ます。
ためしにカメラ片手にぶらっと出かけてみると、ほらほらあっという間に発見。
103102.jpg

鐘鬼さんも色々で、一つ一つ表情が違います。
京都観光の切り口として、鐘鬼さん観察なんてのも楽しいかも。

中国の故事に由来するという、天下無双の鐘鬼さん。
どの家にも飾ってあるのには理由があります。
向かい同士の家で、片方だけが鐘鬼さんをつけると、もう片方の家は鐘鬼さんに睨まれたままになってしまい、邪気がそちらに移るってんで、そこいらじゅうの家で飾られるようになったとか。

といいながら、おはりばこには鐘鬼さんがいてはりません。
おはりばこの場合、お向かいさんはありませんので、別段問題ないといえば問題ないのですが、あるに越したことはない。
なにか面白い鐘鬼さん、あらへんかしらと思っていたところへ、この前の天神さんにて素敵な鐘鬼さんを発見し、手に入れてきました。
それがこちら。
103101.jpg


珍しい色つき鐘鬼さん。
赤茶色の体に、金色の差し色をした、ハイカラな鐘鬼さんです。

手に入れただけではご利益があるわけではなく、庇に取り付けてこそ本領を発揮する鐘鬼さん。
しかし、この鐘鬼さんはどこにもくくりつけるものが見当たりません。
103103.jpg

おそらく、昔は檜の箱にでも入れてもらって屋根に鎮座していたのでしょう。

こうなれば、自分で鐘鬼さんの背中に穴を開けるしかありません。
天下無双の豪傑のバックをとるのは多少気が引けますが、ここは一つ鐘鬼さんにも堪忍してもらい、番線を通させていただきましょう。

まずは陶器用のドリルビットを買いに行かなければ。
と、いつもここで止まってしまいますので、今週中に必ず!

乞うご期待。



☆ランキングクリック☆

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索