敢えて難しく考えてみた

日本人なんだからもっとみんな着物を着るべきだ!


なんて店主は思いません。
着物が日常着から遠くかけ離れてしまった昨今、日本人であることを理由に他人に着物の着用を促すのはちと無理があります。

また、同じ理由から、日本の伝統的衣服なんだから日本人が着物を着るのは当たり前、とも思いません。

ただ、「私は日本人だから着物を着ます」や、「日本の伝統的衣服だから私が着物を切るのは当たり前」という主張には賛成します。

おいおい調子いいな、ってお思いでしょうが、両者には微妙な違いがあります。
前者は、着物を着るという主張を普遍化しようとしているのに対し、後者は、着物を着るという主張が飽くまで自分に向いているということです。
どんなに偏った主張であれ、それが自己完結しており、他人に強制しないのであれば、着物を着る理由としては立派であると思います。

着物は自由であるべきだ、と常日頃店主はほざいておりますが、ここで言う自由とは、既成概念にとらわれないで自由に着物を着たい、ということももちろんありますが、教科書どおりに着物を着る自由、さらには「着物を着ない」という選択の自由も含まれています。

着物が、「着るべきもの」から「着たいもの」に変わったとき、初めてその輝きを放ちます。
では、「着たい」と思うとはどういうことなのか?

決して日常生活や仕事の場において機能的とはいえない衣服である着物をわざわざ着るためには、何か理由が必要になってきます。

成人式や結婚式のハレの場での演出のためや、演劇鑑賞やちょっとしたお出かけのときのスパイスとして着物を着る。
もっといえば、単純にかわいいから、かっこいいから、もてたいから、目立ちたいから、いや別になんとなく。
理由はいろいろあると思いますが、どんな不純な動機であれ、結果として着物を着たいと思ったのなら、理由はなんでもいいんです。
願わくば、その動機付けのお手伝いをおはりばこが出来たなら・・・

おはりばこは和装小物業界に属していますが、着物業界ではありません。
でも、祖父の代から着物に関する商いをしている「西陣の子」の店主にとって、着物を着る人が増えるということはとてもうれしいことです。

着物を着る動機、着方や考え方などが全て自由になったときに、ある人が着物を衣服として選んだなら、そして、その動機に少しでも、「おはりばこの小物と共に着物を着たい」ということが含まれていたなら、私達にとってこんなにうれしいことはありません。

まだまだ始まったばかりですが、皆さんにそう思っていただける物をこれからも作って行きたいと、店主北井は考えております。どうぞご期待ください。



では本題。
この文章に「きたい」は何回出てきたでしょう?

コメント

answer

七つ!!ですかな?(^_^;)

not subject

hitomi様

答えをありがとうございます。
でも、残念・・・
答えは9個です。
よくよく探してくださいね。

not subject

自己完結って都合がいい場合と悪い場合がありますよね。

not subject

luck13さん
おっしゃるとおり、時と場合によりますね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索