お盆からはみ出してみよう

京都は盆地。
お盆に例えるなら、おはりばこはお盆のへりよりちょっと下にあります。
では、今日はそのヘリを登ってみましょう。

といいますのも、おはりばこのかんざし作り体験で使っている、かんざしの台をお願いしている銘木屋さんが、その「へり」に当たる京北町にあるからです。
032810.jpg


さあ、Ready steady go!

まずは鷹ヶ峰街道を北上。
032802.jpg


さすが盆地、おはりばこから10分も車を走らせれば、あっという間にこの調子です。
032803.jpg


今日も良い気候、鼻歌交じりにハンドルも軽やか。
ルンルン気分で山道ドライブですが、次第に鼻がむずむずしてきました。

それもそのはず、ここら辺りは北山杉の産地ですから。
032804.jpg


杉、椙、スギ。杉、植わり杉。
昔は、これらの材木が紙屋川(天神川)を、船で下って行ったそうな。
その沿線、終着である千本、千本三条は、京都の銘木屋さんが集まっているんですね。

てなこと言ってる間に目的地到着。藤原銘木、「よろず庵」。
032805.jpg


さすが産地だけあって、お値段もお手ごろなんです。
たとえば、看板でしたら右側が20000円、左が6000円だそうです。
032807.jpg


文字入れや加工、プリントもしてくれますんで、お手ごろに看板を作りたい方はオススメですよ。
032806.jpg


かんざし台もゲットし、いざ帰宅の途へ。
途中、京見峠で降りて京都を一望してみました。
032808.jpg


遠くに大文字が見えますでしょうか?
昔は福井や丹後からの道はこの道を使っていたのですが、旅人達はおそらくここで一気にテンションが上がったことでしょう。
「都や~!」なんてね。

ん?
おいボウズ、ご主人はどうした。
迷子になったんか?
032809.jpg


今日は午後から雨が降るらしいから、早ようちに帰りや。
おっちゃんももう帰るしな。


と、帰ってくると、予報どおり雷雨。
雷神様のハッスルぶりに、神鳴り好きの店主は大盛り上がりでした。

春雷は吉兆。
稲を孕ませる稲夫(イナヅマ)、今年も豊作かな?

でも、あの手足ともう一箇所が白いボウズのことがちょっとだけ気がかりな店主でした。

コメント

not subject

今日雨と雷がすごかったですよね!
私も雷テンション上がります。ちょっと怖いけど((゚д゚;))
わんこの安否は確かにきになりますね…。
あと木、安っ!

not subject

上のはわたしのレスです。
名前入れ忘れたー。
スミマセン…

not subject

今日は雪が降りましたね。
名残雪ってやつでしょうか。
雪はテンション下がります・・・。

わんこは大喜びでしょうけどね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索