【実録】おはりばこへの道

「京都西陣おはりばこ」。

京都の北に位置するその店は、たどり着くまでに多くの人間が道に迷ってしまい、人によってはたどりつけなかったという話もある。
我々一行は、それを検証すべく、紫野の地に降り立った。

バス停「大徳寺前」で降りた我々は、まずは辺りを見回した。
040501.jpg


我々が現在つかんでいる情報は、目的地は大徳寺の門の近くにあるということのみ。
大徳寺へ看板を発見した我々は、とりあえずその方向へ進んでみることにした。ついでに、おはりばこへの案内も書き加えておいた。
040502.jpg

(※実際には「おはりばこへも」とは書かれていません)

040503.jpg

左手に消防署を見ながら、北上することにした。
某情報筋によると、この道沿いにあるらしい。
焦って変に角を曲がらないよう、慎重にまっすぐ歩みを進めた。

040504.jpg

しばらく歩くと、突如左手に大徳寺の門が現れた!
関係者の話によると、ここであきらめてしまい問い合わせの電話をしてしまうことが多いとのことだ。
やはり、焦りは禁物である。

ここで、クルーの一人に情報が入った。
「おはりばこの店主は店の前の桜をことあるごとに愛でているそうです。」

長考の後、私はある考えにたどり着いた。
即ち、桜の木を探せば良いのである。

探すまでもなく、門を通り過ぎて進行方向に桜の木が!
040505.jpg


「これだ!」
我々は、桜の木の前を捜索した。
すると。
040506.jpg


暖簾を発見。目的地に到着である。

さて、今回の検証をまとめてみた。

●バス停からは大徳寺への看板を探す
●そこからはまっすぐ
●左に門が見えたらもうすぐ
●桜の木の前
●道がカーブしているところまで行くと行き過ぎ

近しい人間の証言によると、現在大徳寺の門前から分かるよう看板を設置する予定だが、大幅に完成が遅れているとのこと。
一刻も早い完成が待たれる。

また、おはりばこ店主はこう話した。

「商店街や裏道に入ると、迷いやすいですね。
迷ったかな?と思ったら早めに近くにいる人に聞くか、おはりばこに電話してください。
その際、目立つ建物、看板、店などを伝えていただくと、説明しやすいですね。
皆様、くれぐれもお気をつけてお越しください。」


前述の関係者によると、移転前の店舗は今と比べ物にならないほど分かりにくかったそうである。
一体なぜそんなところに店を出したのか・・・。

今となっては、店主以外に知る者はいない。

コメント

not subject

ほんと(おはりばこ)v-258さんの場所はわかりにくい
2月に行ったもんで、桜v-252も咲いてなくて
今宮神社から大徳寺までは、人も歩いてなくって
迷って迷ってv-12
店主様に電話v-214で場所をきいて、何とかたどり着いたけど
2月だというのに汗だくで
でも、移転前の店舗のほうが、もっともっとわかりにくかった

今度は迷わずに行けそうですv-266

僕は大徳寺前のバス停で力尽きました。>>レスキュー要請"((T皿T))"
…バスに揺られて一時間かかったのが敗因かと。

京阪で来る人が分かりやすい説明があると嬉しいです。大阪からは京阪を利用しますから。

not subject

姫路の美人母娘さま
わかりにくくて、ほんとごめんなさい。
とくに、北から来ると分かりにくいようです。
今度は迷わず来てくださいね。

さくらきれいですよ~


ゆの様
よし!
今度は京阪バージョン作ります。
大阪からのお客様も多いですからね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索