蜘蛛のモク

うだるような暑さのせいか、春先我が家をにぎわしたイタチくんはどこぞへ
行ってしまいました。
遊び相手(餌?)のねずみ君たちの足音も最近は聞こえません。

なんだか寂しくなったもんだなぁと思っていたのですが、新たなる同居人が
いつの間にやら居候していました。

夏の家に現れる招かざる同居人といえば、ゴキ(略)ですが、一時期の大量
発生もコンバットにてほぼ全滅。
二度効く現代化学の前に、生命力最強の奴らもなすすべなし。
では、一体新たなる同居人とは何なのか?

それは、「蜘蛛」です。

我が家のユニットバスに住み着き、ちょろちょろ動き回っています。
最初は、まあそんなに気色のいいものではないので、追い出そうとバンバン
していたのですが、その一生懸命な姿がいつの間にかかわいく思えてきてしまったのです。

でも、店主がトイレに入ると、びっくりして逃げようとするのですが、抗菌
加工されたほんの数センチの壁面を上がることができず、外に出られません。
まったくしょうがない子や、いっちょ手伝ったろかいな。って、トイレット
ペーパーをまさしく「蜘蛛の糸」代わりにしてやり、しがみつかせて外に逃
がしてやりました。

が。
次の日トイレに入ってみると、またあの蜘蛛がチョロチョロチョロチョロ。
蜘蛛の巣を張るタイプではなく、土ぐもの類のようで、落ち着きなく動き回
っています。

気持ち悪いはずのこいつに、親心が芽生えたのはそのとき以来です。

「モク」と名づけたその蜘蛛は、夏が終わるまで害虫駆除に一役買ってくれることでしょう。
がんばれモク!

コメント

久しぶりにお邪魔しました。お店移転されるようですね。新しいお店が楽しみです。そういえばクモがいるとか。あれって、ゴキがいるかクモがいるかどっちからしいですよ。うちもゴキがいない代わりにクモはいます。物干しから家の中からたくさん見ますよ。でもゴキよりはずっといいです。たまに、クモの巣とっちゃいますけど・・・(笑)。京都はもうすぐ大文字の送り火ですね。風情があって本当にいいです。また見にいきたいです。

樹里様、こんばんは。
明日で最後になっちゃいました。
西陣のお店、短かったですが、ほんといろいろありました。

ゴキはほんと、生理的に耐えられないですよね。
くもはまだ可愛げがあっていいですが。といってもよう触らんけどね。

大文字ともに夏も終わりですね。
寂しいですが、京都の秋はきれいだし、この暑さも和らぐと思えば、大歓迎です。
また、京都へぜひお越しくださいね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索