尋ね人

先日天神さんで買ってきた一枚の絵、
042501.jpg

店のおっちゃんの説明によると、島成園作だとのことですが、どうも腑に落ちん。

といいますのも、この絵を3月の天神さんで発見して以来、気になって気になって島成園の画集を購入したのですが、ん~なんとも画風が違うんですね。
画集の絵の女性達は、もっと繊細でぼかしなどを多様した画風なんです。
店主が手に入れた絵とは、髪の毛の描き方とかが違うような気がするんです。

所詮店主は素人、一人で考え込んでも埒のないこと、ここは一番皆様のお力をお借りしようかと。

一番の手がかりになりそうなのは、やはり銘ですね。
早速見比べてみましょう。
こちらが画集の島成園の銘。
050102.jpg


対して、こちらが店主の絵の銘
050101.jpg


ぜんぜん違ゃうやん、と店主は思ってしまうわけです。
何せ崩し字に篆書、学のない店主には分かろうはずもありません。

別に店主の絵が島成園の絵じゃなかったらどうこうというわけではありません。
店主にとってこの絵の価値が落ちるわけでもありません。
ただ、自分の持っている絵のルーツを知りたいだけなんです。

どなたか日本画にお詳しい方、ご一報いただけませんでしょうか。
謹んでお願い申し上げます。

コメント

not subject

たしかに絵のルーツは気になりますね。
自分は日本画を描くことはできますが、絵の鑑定は
できませんので、詳しい事は分かりませんが、
たしかに、自分の持ってる島 成園の画集を見ると
髪の描き方がぼかしを多用してますね。。

でも、同じ作者でも描いた年齢によって画風が変わる事も
ありますし、どうなんでしょう。。。
一度 詳しい日本画の先生に聞いてみます。

この絵、自分もすごく好きです◎
この絵が描かれた当時はこんな素敵な女性が
町を歩いていたんでしょうね~うっとり。。
自分もこの時代に生まれていたら、是非モデルになって
もらいたいです笑


貴女のおうちは何所ですか

日本画も篆書もあまり詳しくはないのですが
下の篆刻は「昌」で間違いないと思うのです。
上のは・・・「戚」の字が一番近いかなと見えるんですけれども自信はないです。
セキショウと読むのかしら・・・字は違いますが同じ名前の草花があるようですね。
平仮名で検索したら「こせきしょうほん」「たんせきしょう」とか出てきて、やや凹みました。

”戚昌”ググってみても学者さんと思しき方やちょっと畑違いの方がヒットするばかりで画を描く人風な検索結果にあたらなかったので、「戚」という字ではないのかもしれません。

あまりお力になれず申し訳ない限りです。
どなたか詳しい方いらっしゃるといいですね~。

not subject

けんと様

そうなんですよねー。画風が違うんです。
時期の問題なんでしょうか。素人なんでまったく分かりません。

現代でこんな表情の女性って見ないですよね。
今の流行とは全然違う、ふっくら顔に一重の目、おちょぼ口ですが、自分はこの方が好きです。

先生に聞いてくださるとのこと、本当にありがとうございます。
何か分かりましたら、ぜひご一報くださいね。


しらたまさま

情報ありがとうございます。
確かに、戚昌と読めますね。
成昌や盛昌でもぐぐってみたのですが、さっぱりです・・・。
でも、大きな一歩ですね。
私の名前、秀昌と一字同じなので、親近感が沸いてきました!
情報ありがとうございました!

契月の絵に似ています。

こんにちわ!はじめまして。qqと申します。このお顔、菊池契月の描くお顔に似ているとおもいます。ちなみにこの絵にそっくりの契月の絵があります。1934年制作の「散策」というお題の絵です。契月は非常に好きな画家なので、おはり箱さんの絵を見た時、契月だと思ってしまいました。それほど似ています。一度お調べ下さい。岡崎の府立図書館に行くと資料があるのでは?と思います。ちなみに当方の手許にある資料は1998年、京都市立美術館で開催された「京都の100年、パリの100年」というカタログの京都編の45ページにおはり箱さんの絵とそっくりの少女の絵が掲載されています。ぜひぜひお調べ下さいませ。ちなみに私は上京在住です。いつか自転車でそちらに遊びに行ってみたいな~とおもっています。

not subject

qq様

情報ありがとうございます。
菊池契月、初めて知りました。
グーグルイメージで検索しましたら、「少女」という作品を発見しました。確かに作風が似ていますね。
今長野で菊池契月展が行われているようですが、さすがに遠すぎて行けそうもありません。
アドバイス通り、府立図書館に行ってみます。
貴重な情報を、どうもありがとうございました。

上京にお住まいなのですね。
お近くですのでまたぜひ遊びにいらしてください。
お目にかかれるのを楽しみにしております。

こんばんは。

おはりさんこんばんは。
ふと思ったんだけどさ、落款の上の字は花押では無いかい?
その花押と似ているといわれる人の花押を見比べてみたらどうかな?
花押ってサインみたいなもんだから其処から何かわかるかも?!
頑張れおはり刑事!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何度も御免なさい。

松本昌美ではなかろうか?
何でもこの人の本名は盛昌らしいんだけど、
少女画描いてた人らしい。

not subject

RED様

情報提供ありがとうございます。
「花押」って恥ずかしながら初めて聞きました。
REDさん、ホントに色んなことご存知なんですね・・・。
その線で当たってみます。

松本昌美も和洋折衷な可愛い絵を描くんですね。
昔の小学館の雑誌みたいな雰囲気を感じましたです。
本名、確かに盛昌ですね。
ていうか、貴殿はホントにいろんなことご存(略)。

改めて脱帽いたしました。

not subject

おはりばこ様

契月の似ている絵を、わたしの未熟なブログにのせときました。http://blog.goo.ne.jp/fel_cat/e/1f84d001c818b7f81b86097bc262b058
見比べてみて下さい。(画像がぼけてしまいすみません)
もしかしたら、おはりばこさんの少女画の作者は、契月の絵を知っていて
微妙に模写したのかしらん?そ~んな気がいたします。

not subject

qq様
引き続き情報ありがとうございます!
まさにこの絵を真似たものですね。
感動です。
qq様の推理どおり、どうやら契月の絵をアレンジして模写した名もない画家なのでしょうね。

私も美大の友達に、契月の話をして調べてもらいました。
qq様がアップしてくださった絵と全く同じ絵に行き着きました。
おかげさまでルーツを知ることが出来ました。
ありがとうございました!

not subject

おはりばこ様
私の推測が当っているかどうかはよくわかりませんが、契月の絵の素晴しさが知られることは嬉しいことでした。でも、おはりばこ様の少女画はひじょーに素晴しく、この絵と出会えたことは運命的な感じがします。天神さんに出ていたなんて本当に驚きです。大切になさってくださいね。
いつか自転車に乗って見にいきますね。おはりばこ様は私の友人でパリに長~く住みついているひとととてもよく似ています。お顔だちや雰囲気が。そのひと北海道出身で、パリでおとこ着物着てはります。わたしもパリではずっときものっ子でしたが、日本にいると着物をなかなか着たくなくなり、へそ曲がりです。

not subject

qqさま

今回はご協力いただき、本当にありがとうございました。
qqさまのおかげで、ルーツにたどり着くことができました。
いわゆる模作かもしれませが、私にとっては大切な絵です。
これからも愛でていきたいと思います。

私に似ているという方、とても興味があります。
パリでお着物をお召しになっているなんて、とてもしっかりご自分をお持ちなかたなのでしょうね。
私もそうありたいと思っております。

またお時間がおありでしたら、ぜひお立ち寄りください。
久しぶりにお着物をお召しになって・・・。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索