たまには京町家の話

住まいは夏を旨とすべし。

徒然草の時代から、家というのは夏をいかに快適に過ごすか、ということは考えられてきました。

時は下りこの家が建てられた大正元年、当時はまだ冷房などあるはずもなく、東京芝浦電器の扇風機が高級品だった時代。
050201.jpg


夏の暑さをどうしのいでいたのでしょう?
暑い日は、格子の窓を開け、裏の戸も開け放ち、風を通します。
050202.jpg


ね、結構な面積が開くでしょ。
縦に長く、仕切りを開け放てば筒型になる京町家は、このように涼をとることができるわけです。
昨日は暑かったですが、このシステムのおかげで気持ちのいい風が通り、暑いながらも気持ちのいい一日でした。

さて、しばしば京町家の代名詞にもなるこの格子ですが、実は自由に取り外しが出来るってご存知でした?
050203.jpg


釘などで固定されておらず、はめ込まれているだけなので、ふすまをはずすようにして取り外すことが出来るのです。
滅多にはずすものではないので、頑張らないと外れませんが、大掃除の時や、地蔵盆、お祭のときなんかは格子をはずします。

だから、その気になれば泥棒さんは格子をはずして家の中に入ることが出来るのです。
もっとも、最近はほとんどの町家が格子の内側にアルミサッシをはめ込んでいますので、簡単に入ることは出来ませんが。
おはりばこは今では珍しい木のサッシですので、泥棒さんは頑張れば入ってこられます。
格子をはずすのに音を立てないという奇跡を起こせばね。

皆様も、地蔵盆のシーズンや、祇園祭、師走の時期に京都にお越しになることがあれば、注意して見てみてください。

運がよければ格子の外れた町家が見られるかもよ。

コメント

うちの格子も重いです

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
私は新潟の町屋に暮らしていますが、京町家とほぼ同じ造りのようです。こちらはまだまだ肌寒い日も多く、戸を開け放つのはためらわれますが、夏は自然の風が心地いいです。
この季節、日本海側は黄砂がよく降るので、うちも格子をはずして窓拭きをしましたが、重いし、一度はずしたらなかなかはまらなくていつも苦労しています。
またお邪魔させてください。これからもよろしくお願いします。

not subject

市丸様

新潟の町家に住んでらっしゃるのですね!
すごい!
京都とは違う工夫が為されてたりするのでしょうね。
夏の涼しい風、うらやましいです。
京都では吹いたとしても、ジメっとした生ぬるい風ですから・・・。
新潟の町家も見てみたいなー。
また色々教えてくださいね。
書き込みありがとうございました。

初ご来店~☆

こんにちは、おはりばこのHPをゆっくり拝見させて頂きました。なかなか楽しいHPですね。この間は素敵なプレゼントをありがとうございました。またゆっくり飲みたいです。ありがとーV
プラネタリウム☆

not subject

TETSUやん

遊びに来てくれたのですねぇ。ありがとう!
この前は遅くまでお邪魔しました。
おいしいご飯をどうもありがとう。また何かにかこつけて遊びに行きますんで、相手してやってください。
プラネタリウム・・・ムフフ
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索