「LIVE」と書いて「うたげ」と読む

沖縄の皆さんコンニチハ!
そちらはもう入梅したようですね。
三線の音も湿ってきちゃったのではないでしょうか?

梅雨入りまだまだ遠いこちら京都、昨晩正尚堂さんで三線のライブがありました。
出演は、沖縄と京都にゲストハウスを構えるあの「月光荘」の沖縄スタッフ、よしくん。
軽妙なトークと楽しい演奏・歌に、店主を含めたお客さんは、しばし南の島に脳内旅行、目を閉じて聞き入ったのです・・・というライブを想像していた店主は甘かった。

最初のうちは合の手・掛け声・手拍子ぐらいだった会場も、午後10時を過ぎてからの正尚堂さんによる「泡盛振る舞い宣言」を境に、呑むわ飲むわの大宴会と化したのです。

「泡盛振る舞いですよー。飲まなきゃ損ですよ皆さん!」
と客を煽るよしくんも、もう何杯目になるか分からない泡盛を自ら呷り、お客もそれに釣られて泡盛を呷り、一人二人と踊りだし、太鼓は鳴り出し、知らない歌でも皆で大合唱、「ライブ」はいつの間にか「宴」になっていました。

想像してみてください。
この十畳の空間に約20人の大のオトナが三線で踊っているのです。
041402.jpg


楽しくないはずが無い!

人間、踊って半畳寝て一畳。
店主が帰ったあとのこの部屋には、帰りそびれた酔っ払いたちが寝っころがっていたようです。
そんな醜態も、「無礼講」の一言で済まされてしまう、これが宴の力です。

今回も楽しい企画と場所とお酒を提供してくれた正尚堂さん、京都と沖縄をつなげてくれた相変わらずな月光荘のみんな、この空間を共有したみんな、そして良質な音と元気の波を会場に隈なく伝播させたよしくんに、心よりの感謝と尊敬を込めて。

店主は今、この町が面白くて堪りません。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索