五山の送り火を外から眺めるぜ!

今日16日は京都の夏の最後のビッグイベント、五山の送り火がありました。
日本人なら誰でも知ってるこの行事。
花火大会のように、眺めてきれいだな~なんてものではなく、あちら側にお帰りになるご先祖様を導く、黄泉への道しるべのようなもんなんですってね。

店主は、実家が西賀茂にあるので、家から舟山が丸見え。
いつも屋根に降りて一人で眺めるのですが、せっかく西陣に住んでるんだから、たまには観光客然と高台に上って見てみようか。と、船岡山に登ってきたしだいです。

この船岡山、風水的に京都の玄武に当たり、ここに上って平安京を作ったとか。
先の大戦、応仁の乱の折には、西の陣をとった山名宋禅がここを陣取り、敵を監視したそうです。
そんなことからこの地が西陣と呼ばれるようになったことは、博学な読者諸兄の周知のとおり。

薀蓄はこの辺にして、船岡山レポートしますが、

大文字


この有様。
なめてました。
店主、ことあるごとに船岡山を穴場穴場と申しておりましたが、ものすごい人出。
花火大会とまではいいませんが、警察が出動するほどは人がいっぱいいました。
見えそうな場所はもう人がいっぱいで、店主は木の合間から見たわけですが、まあ、去り行く夏を惜しむ、なんて余裕もないぐらい。
やっと見えるポイントを見つけて、シャッターを切っていたら、後ろのカップルの女のこの方から、やたら「前の人の頭が邪魔」と彼氏に訴える声が聞こえたりして、もうやんなってさっさと降りてきました。

大文字


降りる途中で見た、船。

船


来年からは、おとなしく家で見よう。

コメント

私も船岡山で見ましたよ~。
あれは、点火と共に行くととてつもなく人が多いですね。
私は、そろそろ火が消え行くときに、山を登ります。
人が多いので、入山は、東側から。
帰りは、ちょっと遠出して、衣笠温泉です。
旅館を改装したらしい船岡温泉もなかなかよいですよ。
あれ?話題がずれました。
あ、でも、お引越しをされるんですよね?
わざわざ、外へ出る必要はなくなりますね…。

風呂問題

船岡温泉は結構愛用してました。
370円で露天風呂が入れるのはいいですよね。
外観、着替え場の雰囲気もなかなか乙ですし。

今の家は簡易のユニットバスが付いているので、毎日それで済ませていたのですが、引越し先はお風呂はおろか、シャワーすらないんです。
だから、毎日銭湯通いになりそう。
とはいえ、歩いて1分のところに風呂屋があるのでいいのですが、ちょちょいとシャワーを浴びて・・ってなことができなくなります。

セレブ専門の出会い
夢のような生活が現実に!!
http://lily.pimp.fc2.com/
非公開コメント

トラックバック

五山の送り火

五山の送り火五山送り火(ござんのおくりび)は、毎年8月16日に京都市にある如意ヶ岳(大文字山)などで行われるかがり火。「大文字の送り火」(略称「大文字」)とも呼ばれる。概要毎年8月16日に*「大文字」(左京区浄土寺・如意ヶ岳。20時00分点火)*「

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索