蚊、ぬらりひょん、水琴窟

昨日は久しぶりにフットサルに出かけました。
夜11時からという過酷なスケジュールですが、たまには体動かさないとね。
思ってた以上にいい動きが出来、ちょっと調子に乗っているわけですが、今になっての筋肉痛は、年月は確実に流れていることを店主に痛感させ、ちょっぴり哀愁でいと。

そんな乳酸のたまった血を容赦なく吸いにくるのが、憎っくきメス蚊達。
スタッフ全員に支給された携帯ベープの薬剤飛散包囲網を掻い潜り、体に止まっては血を吸いまくる厄介な奴です。

まあ店主も数ナノリットルの血液を惜しむほど吝嗇ではなく、なんなら共存共栄の理念にのっとり、少しぐらいなら血を提供することもやぶさかではないのですが、こやつらときたら血を頂戴しておきながら毒を注入して去っていきやがり、全く無神経で盗人猛々しい、そういう不遜な態度が許せないのです。

彼らも種の保存の為命がけなのは分かります、分かりますが、こちとら恩を仇で返すような奴にへらへらしてられるほどお人よしじゃあねぇ。
店主の血を吸うだけならまだしも、うちの大事なスタッフやわざわざお越しくださった大切なお客様など、無辜の良民にまで毒牙にかける鬼畜生の所業、お天道様が許してもこの店主が罷り通さん!

「駆 逐 し て や る ! ! !」

と拳を振り上げ蚊を糾弾していると、庭のほうから店主を呼ぶ声が。

「おはりちゃーん、ヤゴがおるわ」
060701.jpg


はっ!いつの間に現れた?妖怪ぬらりひょん。

「ヤゴはボウフラ食いおんねんで」

なるほど。
蚊の発生源と思しき庭の小池に、ボウフラを餌とする生き物を飼えば、即ち弱肉強食、蚊の発生を抑えることが出来るはず。
しかし、こんなヘドロだらけの汚い生活環境に耐えうる生き物なんているのかしら?
物知りぬらりひょんに助言を求めると、

「ドジョウ飼うたらええねん」
060702.jpg


なるほどなるほど。
ドジョウなら泥だらけの環境でも大丈夫そうですね。
ところでドジョウなんてどこに売ってるのでしょうか。

「北大路ビブレ。」

え!?
意外や意外。そんなところにドジョウが。
なれば、明日早速買ってこよう。
おおきに、ぬらりひょん。

その後彼は茶を喫んだあと、
「水琴窟仕様のトイレを作りたい」
と言い残し、去っていきました。


なぜだか、彼なら出来そうな気がした店主なのでした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索