惚れたモン負け

いまさら言うまでもないですが、あえて言います、暑い。

今日の京都の最高気温は摂氏36度、体温レベルだったわけですが、そんな外の気温が涼しく感ぜらるほどに暑い。
何処がそんなに暑いかって、おはりばこの二階です。

二階にはエアコンなどという大発明品はなく、天井は低く断熱材なども当然なく、この時期ばかりは熱を放つ天窓が憎く思えてきます。
先般開発した空気流動システムも全く効果なし、二階からと1階の温度差はおそらく15度くらい。
階段から降りてくる時、サウナから水風呂に移動するような幸せを感じるのです。

なら二階に上がらねばいいではないか、という声もあるかと思いますが、商品を撮る簡易スタジオ、さらにつまみ細工作り体験をする部屋は二階にあり、二階に上がらないという選択肢は店主にありません。
今日のつまみ体験をやって決めました、8月はもう体験やりません!
下手をするとおはりばこから熱中症患者が出てしまいます。
今日のお二人様、よくぞ耐え難きを耐えてくださいました。

もとより店主の家は二階にあり、夜などは熱帯夜にうなされるのが常ですが、唯一の頼みの綱がこの扇風機。
階段箪笥1

かれこれ80年選手です。

当然昼間もこいつに頼るほかなく、昼夜問わず文字通りフル回転のこの扇風機、袂から褄から空気を送り込む至福の技も、体温より高い空気が送られてくる今日のような日はまったく気持ちよくありません。
しかも連日のフル稼働によりオーバーヒート気味で触ったらやけどしそうなほど。
二階においてあるノートPCもオーバーヒート、冷却シートはもはや用を為さず、併せて冷凍庫に10分ほど放り込んだ次第です。

もちろん店主もオーバーヒートな訳で、エアコンの効いたうどん屋に即時逐電し、なぜか天丼を食らう始末。

とはいえ、好きで町家に住んでおきながらうだうだと暑さにブー垂れるのも筋が通らぬ話。
冬にも書きましたが、町家は店主に合わせてくれません。
店主が町家に合わせるしかないのです。
これを惚れた弱みというのでしょう。

頑固で不器用で融通が利かず、こちらに擦り寄ってくることはしないくせに不思議な優しさと包容力をもった古風な女。


ああ、惚れるに不足はありませんよ、チクショーめ。



☆ランキングクリック☆

コメント

not subject

私も町屋暮し、ずっとあこがれてます。
もう、今となっては叶うわけもないんで
あなたの話を読んで町屋に住んでる気分を
味合わせていただいてます。
やはり、京都の夏はただもんじゃない…。
まさにうだるような暑さ。
福井の夏はそれなりに暑いけど風がさわやかで
私も今年はクーラーなしの生活してます。
夜は涼しいから熱帯夜?何それ?
って感じ。
まだ、寝苦しい夜は今のところやってきてないよ。
このまま秋になってほしい。

not subject

はじめまして。こんばんわ。
私も町家に憧れる一人です。
お買い物サイトにもお邪魔いたしました。
ときどき、キモノ着るので・・・欲しい物だらけで困ります(笑

扇風機、現役なんですね・・・
実は、拙ブログにupした写真が扇風機なのですが・・・
「かぶった!!!」と思ったと同時に「負けた・・・・」と。
資料館にあった動かない扇風機なのです・・・

not subject

店主はきっとM だ にゃーー

。。。すいません、迷惑かきこみでは無いつもりですww

暑そうだねー  わたしは暑いの好きやわー もちろん程度によりますが


not subject

暑い、確かに町家は暑い。
そんな古風な女に惚れた僕らの負けです。
まぁ、うちはクーラーつけてみたけど。

そして、町家にクーラーつけても
冷気がどっかから逃げていくわけですが。

夏なんて嫌いだ!

not subject

ちくくさん

いやいや、福井にだって探せばきっといい家はあるはずよ。
町家というよりは、古い家ですから。
あ~福井はいいね。涼しそうやね。でもわしは京都で頑張ります。


yoko様
ブログ拝見しました。
写真綺麗!

この扇風機も、手に入れたときは動きませんでした。
近所の古道具屋さんに直してもらったんですよ。
80年も前のものが直して使えるなんて、昔の人はいい仕事してます。


masuさん

そうか!Mだったのか!
基本S属性ですが、たまにM君が顔を出すようです。
店主も暑いのは好きですよ、外ではね。
今日はハッチャけてきます!26日、楽しみにしてますよ~。


REDさん

そちらも事情は同じですか。
この季節はつらいですよね。
夏はまだまだこれから。頑張って夏を越しましょう、お互いに。

惚れちまったもんはしょうがないですから・・・。

not subject

はじめてコメントをさせていただきます。
以前からちょくちょく読ませていただいておりました。
私、先斗町でうさぎの和雑貨屋(うさぎのアトリエぴょんぴょこぴょん)を我が家で勝手に嫁さんにされてしまっている町家にほれ込んでしまった人間の一人です。
二階が地獄のお話、わらいながら拝読させていただいた次第でございます。
私たちも90年ほどの小さな町家によせていただいているのですが、やはり夏の二階は脱水症状のもとであります。お互いタオルでも首に巻きながら短い秋を想って、なんとか生き抜こうではありませんか。ちなみに、我が家にも店の間にしか冷房というマシーンがありません。
お恥ずかしいブログですが、私、きままなブログでご案内するのもおこがましいのですが、
「京都町家暮らし いろいろ」というブログを書いております。お暇なときに貴兄に類した感想をかいておりますので読んで笑ってやってくださいませ。

not subject

店番社長さま

はじめまして。
ブログとウェブサイト拝見いたしました。
かわいいウサギたちと、おいしそうな料理に、心もお腹もぐるぐるです。
先斗町の町家はやはり風情がありますね。
まさに京都の真ん中、洛北からうらやましく拝見いたしました。
先斗町をこころから愛してらっしゃるのですね。

さて、本当にこの季節は仕事が出来なくなるぐらいに暑いですね。
汗ジミが出来るいやな季節でもあります。
今はお互い耐えて秋を待ちましょう。

また先斗町に行った折にはよらせていただきますね。

今後ともよろしくお願いします。

暑いです^_^;

はじめまして。
先日コメントさせて頂いた店番店長の嫁のぴょん吉です。
主人からかわいいお店があると聞き、HP拝見させて頂きました。
どれも愛らしいうさぎで欲しくて欲しくて……^^

それにしても町家は暑いです。
洛北の方がまだ涼しいかな…等と話しておりました。
また、ぜひお店覗かせてもらいます。
夏バテされないようご自愛下さいませ。

not subject

ぴょん吉様

初めまして!
書き込みありがとうございます。
サイトご覧くださったのですね。

それにしても町家は暑いですね。
おそらく先斗町の方が暑いかと・・・いや、川が近い分ひょっとして。って、関係ないですよね、これだけ暑ければ。

先斗町の町家、北区生まれ北区育ちの私からすればあこがれであり、おいそれと立ち入ってはいけない花の町。
でも、また次回立ち寄るときはぜひよさせてもらいます。
暑い折、お体お気をつけて・・・。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索