鐘鬼さんその後

さて、先日ロベさんに針金を通していただいた鐘鬼さん。
その後無事におはりばこの庇に鎮座なさったか、というと、そうはなりませんでした。

先日、ブログを通して町家の専門家、うみうま様よりあるご指摘をいただきました。
それは・・・

「お古の鐘鬼さんを飾ったらあきまへんえ」

なんでも、鐘鬼さんはサラで無いと駄目だとのこと。

縁起物が好きな割りに、こういうことに関して「気に入ったものやったら別にいいやん」と思ってしまう店主ですが、鐘鬼さんの双肩には、店主の生活だけでなく、おはりばこの趨勢までかかっているのです。
ひいては、ウチのスタッフ達にもかかわってくる大事なこと。
ここはおとなしく従うことにしましょう。

とはいっても、いつも物を探す時は古物からという店主、サラの鐘鬼さんを手に入れる術を知りません。
早速うみうま様に相談です。

「丸太町通七本松を東に行って一筋目の、小松建材店さんにありますよ」

そうと決まれば話は早ぇ、買いにいくか!
と思っては見たものの、ここ最近の忙しさでまだ手に入れてません。

遅々として進まぬ鐘鬼さん事情。
まだまだ続きそうですね。

ん?
古い鐘鬼さん?

そりゃ、ウチの四畳半に飾ってにらめっこでもしょうや。

コメント

鐘鬼さん

おっ、今日は一番乗りやしY(^^)ピース。そんなことより、無事、鐘鬼さん所定位置へ(おめでとう!鐘鬼さん)と思いきや、つかはれへんかったんや。
しかも、建材屋さんに鐘鬼さんおいてはるとは、不知。でも、なんであかんねやろか?良くないことおこるんやろか?
( ‥) ン?縁起もんってことは、古い鐘鬼さん部屋に置いてても大丈夫なんやろか?←ソボクなギモン

not subject

 三寧坂に売っています。持ってきてくれると思います。

ほほぉ~

勉強になります。
新品鐘鬼さんじゃないとダメなんですかぁ。。。
いろいろしきたりとか、あるんですねぇ。

早く新人鐘鬼さんが来て、おはりばこを見守ってくれるとイイですね☆

not subject

鏡とか櫛も念が籠もっているからというて、きらいますよね。
ま、今は、あんまり気ぃにしはらへんお方もありますが、旧い方々はあんまりよいお顔はしはらしまへん。

特に鏡は嫁入り道具の一つなので、譲ってもらうというのは微妙です(お身内からなら別ですが)…

先日も、旧いお茶屋さんの売り物が出て、その中の家財を譲る…という話になり、買主さんに「鏡はやめときなはいな」と申しました。

not subject

sayuri様

一番乗りおめでとうございます!
おそらく、縁起物ゆえ、前の持ち主の念やらなんやらが付いてくる、という理論なのではないでしょうか。
自分としては、古いものの魅力ってそこだと思っているのですが、人目に触れるものですから、今回は一応気を使いました。
だから、もし部屋においてまずいものだとしても、まあ何とかなるだろうと気楽に構えてますよ


桜島こみかん様

へーー
そうなんですか。
今度三寧坂行きますので、ちょっくら見てきますね。


アラシ様

そうですね。いろいろルールがあるようです・・・。
ちょっと残念ですが、新しい鐘鬼さんとの出会いも楽しみです☆


うみうま様

はい、あんまり気にしはらへん人その一です。
好きになってしまったものは、もうそんな念ごとひっくるめて愛でたいんですよね。眉を顰められるでしょうが・・・。

だから少なくとも、他人様の目に触れないよう自分のテリトリーだけに抑えておきますね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索