洋服でうろうろ「二条城編」

昼過ぎまで弘法さんをうろうろした後、東寺を辞して向かうは二条城。
伏見桃山城キャッスルランド亡き今、京都市に現存する唯一の(?)お城です。

自転車というのは不思議なものですね。
急いでいればなかなか着かない上に慰労困憊。
時間を気にしなければ疲れも知らず、あっという間に目的地。

駐輪場に停めて駐輪代200円を払い、まずは門を潜ります。
022501.jpg

ちなみに、太秦映画村の門は、これのミニチュアです。

普段は意識しませんが、ここは立派なお城。
022502.jpg

立派なお堀がございます。
「釣れますか?」

門を潜って左手に回り込むと、
022503.jpg

二条城の玄関口、唐門に到着。
東本願寺の唐門以上に立派な、すばらしい門です。
022504.jpg
菊の御紋は離宮だった証。

022505.jpg
これが一枚板から彫られているなんて、信じられますか?

唐門を潜ると、二条城のメインである「二の丸御殿」に到着します。
ここは長さ450メートルにも及ぶ回廊を通って拝観するのですが、そのボリュームたるや圧巻。
残念ながら撮影禁止のためご覧いただけませんが、ここだけで600円の入城料が軽くペイできます。

どんな立派なお寺よりも瀟洒で華美、欄間から襖から何気ない引き手まで、贅沢な品々が用いられています。
そりゃそうですよね、時の権力者が作らせたお城ですもの。
ぜひ皆様には、今のすいているシーズンにゆっくりと見ていたきたい。
間違って桜のシーズンなんかに行っちゃった日にゃ、回廊に入ってから出てくるまで、流れるプールかプーさんのハニーハント状態になるのがオチでしょうから。

二の丸御殿を出て、そのまま北に抜けます。

022506.jpg

半鐘の乳(ち)一つ見ても職人の手抜きのない技が。
鉄輪もいい鉄味です。

ところで、この二条城はご存知のとおり、世界文化遺産に指定されている誰でも知ってる観光スポットです。
しかし、人知れず歴史に埋もれた「旧二条城」というのが存在したのはご存知でしょうか。

旧二条城は、京都御苑の近く、烏丸下立売にあった、織田信長が作らせたお城で、その城跡が二条城内に移築されているというのです。
世界遺産の中に過去の遺産、これは見ずにはおれません。

その城跡目指して西の端まで行ってみると・・・
ありました。
ご覧ください、旧二条城。
022507.jpg
土盛ったあるだけ。
いやいや、本物なんですってば。

022508.jpg


妙な疲労感を胸に、休憩所で一休み。
ふとベンチに目をやると、
022509.jpg

修学旅行そっちのけでS・H君の事しか頭にないYさん(君)の青春の落書きが。

大政奉還が宣言されたこの地で、たった百数十年後に刻まれた吹けば飛ぶような小さな愛の宣言。
これも、世界遺産の中の立派な遺産。
この数奇な二条城の運命、神はサイコロを振らない、のか?

さらに複雑な思いで胸がいっぱいになった我々は、真の一服を喫するため、清流園でお茶とお菓子を頂きに行きました。
もちろん有料(700円)ですが、おかげでほぼ貸しきり状態。
庭のことは良く分かりませんが、心癒されます。
022510.jpg
遠くの看板がほんの少し無粋ではありますが。

022511.jpg

022512.jpg

022513.jpg


美しいものに囲まれ、おいしいものを頂く。
ごちゃごちゃしたものがスーッと消えていくこの感覚。
店主はお茶の事もさっぱりですが、おそらくこの感覚を研いで行く作業が茶道なのではないでしょうか?
違ってたらスミマセン。

庭園を出て、門まで帰ってきて、二条城観光は終了。
これで600円は十分値打ちあります。

帰り際、外人さんが何もないところに向かって写真を撮っていました。
何を撮ってたんかいな?と思って同じ場所からシャッターを押すと、
022514.jpg

うん、美しいね。
そしてすばらしいよね。
店主には水路付けされた思考回路をリセットする必要がありますね。


かくして、洋服一日観光は無事に終了しました。
着ている物をヤイヤイ言われたり、いきなり被写体になったりすることがない分、洋服でお出かけというのもたまにはいいものです。


でも、あまりの窮屈さに、帰宅するや否や着物に着替えたのは言うまでもありませんが。

コメント

こんな素敵な所だったんですね。

素敵な観光記です!行ってみたくなりました!!
二条城・・・毎日のように脇を通っているのに入ったことないです(;´Д`A ```
今度絶対自転車でいってみよ。。。
でも桜の前に行かないと人多いですよねw
しかし半鐘にも『乳』があるんですか・・・知らなかった。
羽織にも『乳』があるのでどう関係があるのかな?

・・・・と ここまで書いて『半鐘 乳』で由来を調べました(;^_^A ↓
http://www.terakoya.com/shoro/shoro.html
あのつぶつぶのことなんですねぇ。突起物のことを『乳』というので羽織や身体の突起物もそうなった・・・ということかな。

二条城、ちゃんと私も勉強して行ってきます!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

not subject

ひでまくんの日記おもしれー!
見るひとが見ればちがうねえ!
俺も二条城行きたくなってきたよー!

not subject

宇ゐ様

ぜひぜひ行ってみてください。
写真にはありませんが、二の丸御殿はこれまで行った中でも指折りのすばらしさでした。

半鐘の乳についてですが、あのぶつぶつのことを本来は乳というようですが、何かをぶら下げるものもまた違う定義で「乳」といいますので、勝手にそう呼びました。
ひょっとしたらちゃんとした名前があるのかも・・・・。

羽織の乳、暖簾の乳、半鐘の乳。
間違ってたらごめんなさい。


きどっぺ

ありがとう。楽しんでもらえたようで。
でもまだまだ自分は視野が狭いです。
日々是修行也。

二条城はまだすいてるはず。
平日にぜひ時間をとって行ってみて!
紹介しきれなかったものがほかにも色々ありますので。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索