桜は自らが美しいことを知っている

なぜ花は美しいのか?

041001.jpg
誰もいない部屋で夜桜を眺めながら野暮なことを考えてみる。
かつて学校で習った記憶を紐解いてみると、花っていうのは花粉の媒介を昆虫や鳥などの動物に頼っている植物が具えるもので、彼らの目を引くために派手で色鮮やかな花を咲かせる、ということだったはず。

ってことは、動物たちは花が美しいことを理解しており、その美しさに惹かれてやってくるわけで、花を咲かせる植物も自分が咲かせる花が美しいことは当然わかっているはずです。

つまり花を咲かせる植物は、自分を美しく見せるために花を咲かせるのであって、其処には周りの目を意識する意思が働いていなければいけません。
目を持たず、光によって事象を認識できない存在が、視覚的な美しさを知っている。
なんとも不思議な話です。

そして我々人間も、花を見て美しいと感じることができる。
視覚を持たない植物、理性を持たない動物達、「考えること」を考えることのできる人間達、と三者三様まったく違う生物すべてに共通して持たされている「美しい」という感覚は、一体どこから出てくるのか。

共通点は、みんな地球から生まれてきたということ。
地球上のすべての生物は、今から40億年前、地球上に誕生した最初の生命から枝分かれしてきた親戚です。
美しいと感じる感覚は、地球上すべての生物に遺伝された地球からの贈り物。
これは喩えでもスピリチュアルな話でもなく、裏づけされた客観的事実です。


なぜ花は美しいのか?

それは、花も人も地球の一部だからです。

コメント

not subject

なんともほろ酔いな記事でいいですね。

ぼくもこの時期が大好きです。きちんと生きていけるような気がして。

花見宴会いきたかったなぁ・・・・

まだまだ花街はお花見気取りの危うさで一杯です。

あぁ、あさもきちんとおきねばなりません。

素敵ですね


いつも楽しく読ませてもらっていますー

贈り物かあ。いいですね。

あの誇らしく咲く様は、確信犯だったのですね。

素敵!

not subject

店番さま

与太話失礼いたしました。
厳しい冬を越した後の桜は感慨深いですよね。

先斗町はお花見気分満開ですか。
無理をせずがんばってください。
紫野は相変わらず静かなものです。

また来年、ぜひいらしてくださいね。


喜春さま

そう、まさに確信犯なのです。
美しいと知っていながら美しさを誇り、その美しさにぐうの音も出ない。
自然の美しさというのは、ただただ偉大ですね。
人間が敵うわけありませんが、その美しさを認識させてもらえることはせめてもの救いです。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索