この暑いのに袷を着れってそんな殺生な

ゴールデンウィーク3日目、今日で前半戦が終了。
4月最後の今日は、夏日を軽く越えてきました。

朝起きた店主は、何をどう間違えたのか、綿入れを着てしまうご乱心。
昼過ぎまではなんとかもちましたが、そこからぐんぐん上がる気温に耐え切れず、仕事中にもかかわらず二階に上がって単(ひとえ)をひっぱりだし、着替えることにしました。

今年の初単は、だいやすさんで手に入れた夏結城。
丈夫で涼しく、独特の肌触りはとても気持ちいい紬です。
これ着て昼寝したらいい夢が見られそう。

「おい貴様、単を着るには早すぎるぞ」

ええ、おっしゃるとおり。
一般的に、着物のルールとして袷(あわせ)は10月から5月まで、単は6月から9月までとされています。
しかし、このルールというのは公式に決まっているわけではなく、そのようにしなければならないと思っている人たちの総数で決まっています。

衣服っていうのは人間のためにあるものであり、決してルールのためにあるものではないわけで、時代とともに移り変わっていくものでしょう。
さながら「ら抜き言葉」や「全然を肯定で使う」が如く、若しくは生物が環境に合わせて進化してきた如く、時代に応じて変化していって然るべきもの。
そもそも着物は季節感を大事にする衣服ですから、暑い日に暑苦しい格好は見ているほうがしんどくなりそうです。

着物業界は保守的な業界ですので、然るべきところでは先人のルールに則るのが道理でしょうが、温暖化の今日、普段着として着ている衣服に不自然なルールを当てはめるのは・・・理屈云々の前に体が持ちませぬ。

というわけで、暑い日は単、肌寒い日は袷。
フォーマルな場所では頑張って袷、若しくは紗袷。
これでいいんじゃないでしょうか?

そもそも5月・6月の着物って普段着でもフォーマルでも難しいものです。
だからこそ、毎日の着物選びが楽しいわけでもありますが。

まあ暑いったって、まだまだカラっとした気候ですから、家の中はひんやりしてますし、風を通せばとても気持ちがいいもんです。
こんなところで暑い暑いといってはいられません。

なんせ梅雨が終われば泣く子も嗚咽する、蒸し風呂のような夏がやってくるのですから・・・。

コメント

昔の日本人


今日は暖かかったですね

私は外に出ず引き篭ってましたが、袷ではそろそろ暑くなってくる季節ですね..

GWはきもので出かける用事があるので、今から気温が心配です

昔の日本人は見た目の涼しさにはこだわっても、薄着になると言うより、"いかに正絹に汗が染み込まないか"を気にして内にかなり汗取りを着込んでいたと聞いたことがあります

なんだかファイティングスピリットを感じます..

かっこいいっ古き良き女!!

not subject

先日おはりばこにお邪魔致しました自転車漕ぎフェチです。
足痺れで店内で一人悶えて、ご迷惑おかけしました _(._.)_

此方のサイトの内容や実際の着物姿を拝見して興味を抱き、私も店主様に教えて頂いた某所にて初めて着物を買いました。
「袷」「単」の違いも昨日まで解らなかったまったくの無学無知ですが、これからも色々挑戦していきたいと思っております。
「大阪のしょっぱい着物ロードレーサー」と覚えられる日まで・・・?

また機会がありましたら、色々とご教授頂ければ幸いです( ・-・)ノ~~

not subject

着物って奥が深いですね。
ほんと、私は「着物のき」もわかっていない人ですから・・・。
1人で着物が着れる人って素敵ですよね。
わたしなんて浴衣も1人で着れないので・・今年こそマスターしたいです。

not subject

東京でも暑かったですよ~。まだ袷の方がほとんどですが、長襦袢は単衣を着られてる方もいらっしゃったですね。袷と単衣の切り替えって確かに難しいですけれど、こちらは、「三社祭」が終わると単衣に変えると決めている粋な方も多くて。だから一般の決まりよりか早いですね。四国に遊びに行った時、5月の下旬で薄物を着られている方がいらして、ちょっと驚きましたけれど、土地の方にお聞きしたら、「このあたりは普通のしきたりよりも1ケ月早く変わります」とのこと。これだけ縦に長い国ですから、臨機応変に変えていっていいのだと思います。私も今月20日ころから単衣に変えるつもりです。梅雨に入って少し肌寒ければ単衣の羽織を羽織って・・・・その取り合わせに頭を悩ますのも、これまた楽しくて・・・・・・

着物の決まりごと

着物には、いろいろ決まり事が多くて…
私は着物は袷で、長襦袢は単を着ています。
最近は、ほんと厚いので、単を着たくなりますが
そこは我慢我慢
ほんとは好きな物をきたいのですが・・・
若い子みたいに、決まりにとらわれず
オシャレに着たいって思う、おばさんです。

not subject

ちょっと暑くなったらあっという間に茹で上がり、すぐ真っ赤に顔に出るタイプなので
ルールどおりに着ていたら熱中症になってしまうかも。
温暖化なんて無かったころには、袷を着ていられる陽気だったんでしょうか?

その点では北のほうは涼しくて着物日和ですよ~。
・・・現在8℃。袷どころか羽織も欲しいくらいです。

そんなことはおへんえ。

紬や綿のものなら、年中、単衣はOKですよ!
うちは、年によっては、紬の単衣を11月まで着ますし、3月でもぬくうい日には着てみたこともあります。

五月はまだまだ袷で…というのは、やらかもの(ちりめんの着物)のこと。普段着には関係ありません。

誤解が多いのですよね。これって。

     ・・・ちりめん屋の娘でした。

衣替え

単衣と袷のシーズンは
単衣「桜で着て、 もみじで脱ぐ」
袷 「もみじで着て、桜で脱ぐ」
と市田ひろみ先生が言ってはりました。最近は温暖化で
何月だから何!と言っても暑かったり 寒かったりするけど
桜ももみじも気温で 変化するので、一番分かりやすいとの
こと。それに市田先生は暑がりなので5月でも単衣を着て
らっしゃるそうです。 同じく着物のTPOは難しいな~と頭を
抱えている今日この頃です。

not subject

おお!
いろんな意見が津々浦々から。
やっぱりこの話題は皆さん興味あるようですね。


喜春様

見た目の涼しさのために見えないところで痩せ我慢。
かっこいいですね。これが粋というものなのでしょうか。
喜春さんも、それをめざして・・・。でも、無理は禁物ですよ!


祥悠様

この前はありがとうございました。
無事に帰れましたか?

着物を買いに行かれたようですね。
最初はルールなんてあまり考えず、とにかく着て見ましょう。
かくいう店主もそうでしたから。

また遊びに来てくださいね。
一緒に男着物の楽しさを突き詰めて行きましょう!


ともあき様

そうそう、まずは浴衣から。
浴衣を着る理由を無理やり作って、頑張ってきて見ましょうよ。
そして、ちょっとずつ理由なく着て、周りの人に着物のイメージを植え付けてしまえばもう・・・
着物を着るのにわざわざ理由なんて要らなくなりますから。


くう~様

三社祭で単に、とはなんとも粋ですね。
そうか、もう三社祭の季節ですか。
こんちきちんのはんなり祭しか知らない店主にとって、江戸の粋の象徴である三社祭はものすごく憧れます。
三社祭は夏を告げる祭なのですね。
くう~様は三社祭にいらっしゃるのでしょうか?
一度生で見てみたいなあ


姫路の美人母娘さま

お茶の席など、あらたまったところではなかなか難しいですよね。店主よりも大人の方々なら余計にTPOを意識しなければいけないでしょうし・・・。
なかなかバランスが難しいところでしょう。
でも、きっと楽しんできてらっしゃることでしょう。
それが何よりです。


しらたまさま

さすがに北海道はまだまだ袷のようですね。
8℃では、気を抜いたら風邪を引く温度ですものね。
温暖化のなかった頃でも、普段着ではみんな自由に着ていたような気がするんですが・・・そんなことないのでしょうか。
風引かないよう気をつけてくださいね。


うみうま様

なるほど、勉強になります。
これは男着物でもいえることなのでしょうか。
店主は紬と木綿ばかり着ていますので、ありがたいことです。


ぴょん吉様

「桜で着て、 もみじで脱ぐ」
美しいですね。
風情もあり、人間の決まりでなく自然の変化に合わせるという意味でもとても理にかなっています。
これからはこのルールを採用いたします!

とはいっても、固定観念があると難しいんですよね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索