おばあちゃんからのプレゼント

ここ最近、お昼過ぎから夕立のような雨が降ったり、天気予報が見事に外れたりと、とても大気の状態が不安定。
雷大好きの店主は、毎日雲の上で独奏する雷神様に酔いしれているのですが、これも入梅の前触れなのか知らん。

実は14日に、浴衣用髪飾りの着用撮影を控えており、なんとかその日ばかりは雨に遭いたくないと願っている毎日。
梅雨に入れば、毎日じとじとした雨。今のような、ザッと降ってカラッと上がる雨だったらいいのですがそうもいきません。

そんな入梅前の憂鬱に苛まれる店主に、お隣のおばあちゃんが素敵なものをプレゼントしてくれました。

「紫陽花が咲いたんやけどもろてくれはりますか」

女性から花をもらうなんて、生まれて初めてのこと。
しかも、足腰も弱くなったおばあちゃんが一生懸命裏の庭から捥いできてくれたものです。
061002.jpg

大きな花びらの内側に、可憐なたくさんの小さな花びら。
萼紫陽花という、紫陽花の原種に当たるものだそうです。

早速、裏の井戸の釣瓶に活けてみました。
061001.jpg

うん、これで梅雨も陰気にならないですみそうだ。

ちなみに、紫陽花の花言葉は「強い愛情、移り気なこころ」。
熱しやすく冷めやすいってことか?

むむむ、おばあちゃんなかなかやりますな。

コメント

not subject

ちょっと調べたら紫陽花の花言葉って凄くたくさんあるんですね。
移り気・あなたは冷たい・高慢・無情・辛抱強い愛・ひたむきな愛情・ほら吹き・いばり屋・乙女の愛・自慢家・冷たい美・浮気・冷淡・・・可愛い花なのにちょっとヒドい花言葉多い(笑)

花言葉ってたくさんありすぎてどれが本当か分からなくなりますね。
色によっても違ったり。(赤い薔薇が”愛情”で黄色だと”嫉妬”のように)
同じ種類でも形が違うと花言葉も変わるようです。

青い紫陽花は「忍耐強い愛」
ピンクの紫陽花は「元気な女性」
そして萼紫陽花は「謙虚」―――だそうです。

青い萼紫陽花だからー・・・「忍耐強い謙虚な愛」?
ロマンチック!

not subject

やっぱり男性も花をもらうとうれしいものなんですね。

こないだ、『今日が最後のライブ』だとゆー男性と女性にお花をあげたら、女性だけでなく男性もすごく感激してくれてちょっとビックリしたのです。
お花をもらうとうれしいのは、女性だけではないんだーってゆーのがこの歳になってわかりましたー。

not subject

フランスの花言葉では、「忍耐強い愛情」「元気な女性」らしいですよ。日本とフランスで全然ちがいますね。フランスだとステキです。

not subject

しらたま様

気の多い花ですね。
青いガク紫陽花、忍耐強い謙虚な愛!
まさに金言。おばあちゃんのメッセージでしょうか。
お耳が痛いわ。


しのぶー様

お花をもらうなんてこと、なかなかないですものね。
何か得するものでもなければ便利なものでもないしけど、ただ、美しい。そこがいいんでしょうね。


ともあき様

やはり忍耐強い愛、これでしょうか。
言うは易し、行なうは難し。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索