帯を仕立てました

夏帯が欲しい!
しかし手持ちが無い・・・。

この季節、帯周りの暑さたるや異常。
男着物とはいえ、毎日腹巻しながらこの酷暑をすごせというのは一体何の罰ゲーム?
とはいっても、なかなかイカした夏帯というのは見つからないもので、ならば作ってしまえ!と思い立ったのが約1ヶ月前。

正尚堂さんでたまたま生平麻の反物を見つけ、それを自分好みの帯に仕立て上げるべく、色々手を尽くした一ヶ月。
昨日無事に帯が完成してまいりました!
080802.jpg


正尚堂さんで手に入れた生平を、つい最近5周年を迎えたばかりの手染メ屋さんに持って行き、染めてもらいました。
染料は柘榴。
ちょっとくすんだ緑系の色に仕上げて頂きました。
080803.jpg
生平の素材感とマッチして、味わい深い色合いに。
ちなみにこの老竹色、先日麻の足袋も染めてもらいました。足袋とお揃い。

これをさらに三希堂さんで帯に仕立てていただきました。
三希堂さんは、最近オープンしたばかりの小さな隠れ家的お店。
男着物を普段着として着てらっしゃるご主人、辻さんのお店です。

というわけで、早速今日着けてみました。
080801.jpg

朴訥とした色合いが、アカソの着物によく合います。
お盆に間に合ってよかった!

さてさて生地選びから染め、仕立てまで自分でこだわったお誂えの帯。
気になるお値段のほうは?

生平麻4m(正尚堂)・・・・・・4000円
染め(手染メ屋)・・・・・・・8000円くらい
仕立て(三希堂)・・・・・・・2500円
悉皆屋(俺)・・・・・・・・・0円
合計・・・・・・・・14500円

安いと見る?高いと見る?
人それぞれでしょうが、そんなことよりも、自分の好きな店をフル活用して自分だけの帯を作ったってのが、ウキウキ嬉しく、ワクワク楽しいのです。

誂える楽しみ・・・・・・・priceless

お世話になったお店様、どうもありがとうございました!


お店データ

【正尚堂】(古布・アンティーク)

〒606-8233
京都市左京区田中北春菜町20-29 
叡山電鉄 茶山駅下車 東へ徒歩30秒赤ポスト前
075-724-0137
営業時間:11:00~22:00
定休:15日、21日、25日他不定休


【手染メ屋】(染処)

〒604-0983
京都府京都市中京区麩屋町通
夷川上る笹屋町456-2F
tel&fax 075・211・1498


【三希堂】(仕立て・男着物全般)

〒602-8393
京都市上京区御前通今出川上ル鳥居前町671
電話075-461-4003


コメント

not subject

お暑うございます。素敵な色に染められて、この生平麻もさぞかし大活躍することでしょう。夏帯は汗が滲みるのが一番辛いですね。ましてやそれがお気に入りの帯ですと、ついつい大事にしすぎて出番がなくなります。
塩沢紬を作っていらっしゃる社長さんが、単布の塩沢に科布の角帯を締めておられたのを思い出しました。自然のままの無着色の帯でしたが、たいそう趣きのある風情で。
私も夏は科布の帯は重宝しています。最初のころは固すぎて締めるのが大変ですが、次第に柔らかくなり、汗もまったく気にならずお手入れも簡単です。店主さまも是非お試しを。

not subject

くぅ~様

ホント毎日暑いですね。
うちの女性スタッフはよく頑張って毎日着物を着てくれています。

夏帯はその見た目の涼しさがいいですね。
せっかく誂えた帯、気にせずどんどん使っていこうと思います。

科布の帯!
なんておしゃれ。
ぜひ探してみます。塩沢と共に・・・
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索