彼女は合鍵を僕に返し、部屋を出て行った

1月晦日、黄昏を告げる鐘が鳴る頃。
振り返ると彼女は僕の家の鍵を持って立っていた。

「これ・・・お返しします」
「行ってしまうのかい」
「4年間楽しかったわ。もう会う事もないわね・・・」
「君の事はずっと忘れないよ・・・」

なんていう昼ドラなやり取りをフミちゃんとしたのには訳があります。
1月末をもって、フミちゃんはおはりばこを卒業いたしました。
突然のことで、皆様にご報告が遅れてしまいましたことをお詫びいたします。



なんて冗談ですよ~

といいたいところなのですが、残念なことに本当なのです。


イヤ実は、販売から製作のほうに移ったのです。
今までは、おはりばこの看板娘として、女将として、店主のドラえもんとして、店に立ちながら奥で裁断・加工をしてくれていたのですが、その仕事の正確ぶり・物作りの確かな手を職人に見込まれ、工房に引っこ抜かれてしまったという話。

これまでもちょくちょく工房と店を往復して製作の方も頑張ってくれていたのですが、これを期に軸足を完全に工房に移した次第です。

全国のフミちゃんファンには非常に申し訳ないですが、おはりばこの商品の多くは、フミちゃんの手を経て世に出てくることを忘れないでください。

とはいっても、工房と店は歩いて3分ほどの距離。
お友達の皆様、事前にご指名いただければ、当店ナンバーワン太夫「おふみ」を、この遣り手店主が置屋から引っ張ってきておきますので、ご安心を。

フミちゃんの抜けた穴は大きいですが、代わりましておはりばこのスッピン娘、アサミちゃんが埋め合わせ・・・
08020301.jpg

するにはまだ早いか。
どうか長い目で見守ってやってください。


フミちゃん、4年間ありがとう。
これからも頼りにしてます。

コメント

not subject

な・な・なんですと~!!??
悲しいような・・・
いやいやおはりばこの発展を祝して!「かんぱ~い!」
ふみちゃん卒業おめでとうございます。

not subject

動揺を隠し切れません・・・フミさん卒業ですかー・・・。
年末にお会いできてよかった。
でも工房は近くなんですものね。
さ、寂しくなんてないさ!(´・ω・`)・・・

not subject

下ネタにしか反応しない訳ではないですからね!(なんの言い訳)
おふみ、影職人になっちゃうんですね~~~!
びっくりです
でも、おはりばこ女子であることには変わりないという事でホっとひと安心!
私が言うのもなんですが、所属を変わられるのは寂しいですね~
おふみも店主も益々頑張ってください!
そしてあちゃちゃんも頑張ってくださいね~
応援してます
近い内に太夫の予約取りに行きます!!!

not subject

実は催事中にいち早くこの情報を知っていた私。
そのお話しをされているときの北井さんの寂しげな顔…
だったかどうかは別にして(だったように見えた)、
これでよりおはりばこは栄え、
北井さんとふみさんがより太いザイルで繋がれた関係になること
間違いなし!と確信したワタクシでした。

京都に行けた暁には必ずやお会いすべく遣り手に予約いたします~。
チナミに「遣り手」は多く古手の年配女性がなったものですけど、そう考えるとふみさんも「遣り手」になっていくベテランさんの第一歩ということですかネ!
技術を身につけるってすごいことですよね、
お身体に気をつけてがんばってください!

not subject

名無しさん

フミちゃんの抜けた穴は大きいですが、これも私自身の成長の時かと。
これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。


しらたま様

またお越しの際は声かけてやって下さいまし。
すっ飛んできますんで。


chokoちゃん

またお店が忙しくなったら助っ人で再登板、何てこともあるかもしれません。
年度末ってのは、色々異動があるもんですね。
chokoちゃんの応援があればおはりばこはあと3年は保障されたようなものです。
太夫の顔、見に来てやって下さいね。


ミサト様

いや、案外フミちゃんもAB型馬鹿店主から解放され、A型気質の工房でせいせいしてるかもしれません。

フミちゃんは、店の動向も物作りも知っている貴重な存在ですから、きっと工房でも頑張ってくれることでしょう。
今後にも期待ですね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索