男子着物増殖計画 実例編

あんまり理屈ばっかりこねくり回したって頭でっかちになるばかり。
ちょっと息抜きして、実例を見ていただきましょう。
着こなしだのコーディネートだの言う程大層なもんじゃありませんので、悪しからず。

さて、今日の店主の着姿。
08030101.jpg
この一年自分の中で大ブームだった綿更紗(さらさ)の長着。
更紗の着物ってのは・・・超簡単に言うと、柄シャツ的ポジション。
大正から昭和初期にかけて、襦袢と長着の間に重ね着されてたチラ見せ的着物です。
それを着物として着ちゃおうって寸法。
上に着たプリント更紗の着物は弘法さんでゲット。
かなりのお気に入りです。

羽織りはつい最近ヤフオクで2000円で手に入れたこげ茶の紬の大羽織。今日がデビューです。
裄の長い羽織は何かと重宝します。色を押さえたり、荒隠しにしたり。

08030102.jpg


胸元です。
襦袢代わりにこれまた綿更紗を着用。こちらは戦前の染の更紗です。
半襟着け替えんのメンドクサというものぐさ店主は、更紗の重ね着が非常にアツイ。
袂からも、裾からも、この更紗がチラチラ見える訳ですな。
上下を逆転させれば、同じ組み合わせで二度美味しい。
底冷えの寒い日はもう一枚下に長襦袢を着ます。

更紗は、絹よりも綿の方が相場が高いです。
アンティーク着物業界では、綿更紗は15000からしてきますが、リサイクル業界ではあまり評価されず、掘り出し物が良く見つかります。
この更紗も、tokyo135°で安く見つけました。
町のリサイクルショップでは、2000円なんて値が付いているものを見つけたという情報がいくつか寄せられていますので、ぜひ探してみましょう。お金がなければヤフオクで転売するのもあり。
店主が高く落札しますぜ。

羽織紐は正尚堂
奥さんのミカさん手作りの、染め付けたウッドビーズが店主のツボに。

足元。
08030103.jpg

おしゃれは足元から、なんていいますが、なかなか難しいものです。
上が派手なので、足元は真っ黒で。

その辺に売ってる黒の朱子足袋。
下駄は、黒の塗りの台に黒の印伝。真っ黒ゆえに質感で勝負。
浅草の長谷川商店で誂えました。

本来更紗ってのは外に出して着るもんじゃないので、天神さんなんか歩いているとやいやい言うてくる人もいはりますが、そういうときは「そうなんですかー」とニコニコと受け流します。
「分かってて着とんじゃいこの野暮天が!」なんて思ってても言いませんよ、京都人ですものホホホ。

綿の着物は激しく動いても気を使わないので、お仕事する身としては非常に助かります。
お値段もピンキリですので、探してて楽しいですよ。

コメント

波平倶楽部

主人がお正月に着物、

夏に浴衣をシブシブ着だして2回目。

やっと自発的に『茶色い着物も買うて』発言。

お!

そしてこのシリーズ記事の内容に

『他にもたくさん買って』と調子こき発言。

お!?


九州にも波平倶楽部会員が増えそうです☆

ありがとうございます...(´З`)

男子着物!!

いいですね~。
一着は日本人と生まれたからには持ってみたいものです。

ずーっと欲しいと思っていたものの、今まで敷居が高く感じて手が出なかったのですが、ぶらりと探してみたいと思います~。

金が全然ないのに、つい服には使いたくなる…(涙)
はぁ…その辺に転がってないですかねww

not subject

初めまして。
更紗のお着物ですか、素敵ですね。
学生時代の先輩に
更紗(さらさ)さんという名前の方がいらっしゃり
お世話になりました。
このブログを読んで、その先輩を
思い出しました。
アンティークのお着物は、身長が低い私には
サイズもぴったりなものが多いので、嬉しいです。

では、また覗かせていただきます。

not subject

「京都のしがない物書き」さんのブログから飛んで参りました。龍馬の妻、お龍に興味引かれ、月琴まで買い込んだ者です。

いつも拝見させていただいております。文章がリズムがあって面白いです。粋ですねえ。       以前の牡蠣云々タイトルの
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新宿のど真ん中。

「嗚呼、俺は大都会の片隅で、誰にも知られずひっそりと・・・」

心が折れそうになったそのとき、友達が迎えに来てくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記の箇所は、何故だか可笑しくて、未だに思い出し笑いをしております。02,03年ごろは、東京にいましたが、ネット喫茶が新宿に乱立する前でしたので、あの界隈のことを思い出します。笑っていいともの会場で、アルタ近くでした。

男性の携帯入れは、とても素敵です。近くだったら、毎日、お店に伺うのですが、、。

not subject

アリヨメ様

旦那様も、浴衣を着ているうちに少しずつなれてきて、魅力に気づき始めたのでしょうね。
私の生地が微力ながら後押しできたのだとしたら、そんなうれしいことはありません。
どんどんお二人で仲良く着物を着てくださいね。


壽様

敷居は決して高くないですよ。
探し方の問題だと思います。
せっかく素晴らしい和のお名前をお持ちですので、どんどん着物を着てください!
京都にお越しの際は、天神さんなどなどご案内しますよ~


あの様

更紗さんとは素敵なお名前ですね。
響きも素敵です。

さらさの着物はいろんな使い方が出来るので、とても重宝しています。
柄を探すのも楽しいですし。
背が低いのは特権ですね。どんどんアンティーク着物を着てください!


お龍ことあんず様

いつもご覧頂き、ありがとうございます。
書き殴った雑な文章をほめていただき、恐縮です。

アルタ近くにお住まいだったのですね。
友達が助けに来てくれたのは、アルタ前でした。


遠くにお住まいなのでしょうか・・・
京都の北の端ですが、近くにいらっしゃった節はぜひ遊びにいらしてくださいね。

not subject

現在の居住地は、土佐の高知です。京都には、娘が学生時代に紫野の今宮神社前住んでましたよ。彼女は、あぶり餅のかざりやさんがご贔屓で、私は、悪くて一和さんと両方で買ったりです。昨夏も行きました。今は、伏見に息子が就職で住んでいます。彼が、着物を着てくれたらいいんですが。京都、高知と、男性が着物を着て町を歩くのが普通になればいいですね。

東京の脚本家の先生で、良く着物を着てテレビに出られる方がいますが、この携帯ケースをお勧めしてみますね♪

また、高知の情報でしたら、何でもお聞きください。お龍さんについては、数年前に結構調べましたよ。この方は、龍馬が亡くなった後、高知に移って来て、龍馬の拳銃で雀を打ち落としていたそうです。その田舎が、また私の母の里でした。。。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索