煙管のススメ ~吸い方編~

では実際に煙管で煙草を吸って見ましょう。
08042901.jpg

ちなみに、以下に紹介するのは店主がうまいと思う吸い方です。
例によって正しい方法とは限りませんので、悪しからず。

煙管で煙草をすうに当たって最低限必要なのは以下。
・煙管
・刻み煙草
・火

08042902.jpg

現在販売されている国産の刻み煙草は、「小粋」という銘柄のみ。
名前が全然小粋じゃないのがポイント。もうちょっとなかったのでしょうか。
08042903.jpg
世界一細かい煙草。もぐさみたいですね。
とても燃えやすく、千切れやすい煙草です。


こいつを適量摘み取ります。繊維をちぎることなく、引っ張り出すように取り出すのがコツ。
そうすれば丸めたときに粉になりにくくなります。
08042904.jpg
指で丸めて固めます。
好みにもよるようですが、店主はかなり固めます。
こなになりやすいですが、あまり粉っぽくなると辛味が増すので、優しく丸めてやってくださいね。
08042905.jpg
それを、雁首の火皿にぎゅっと詰めます。
乗せるというよりは、詰めるという感じ。

この乗せ方では、
08042906.jpg
刻みが詰まってないので、すぐに火種が消えたり、灰が口に入ってきたりします。
ギュッと押し込んでやりましょう。

08042907.jpg
良い感じになりました。

では火をつけましょう。

と、その前に、これはやってはいけない!

・火を火皿に当てながら肺で煙を吸い込む
これ、やってしまいがちなのですが、えらいことになります。
フィルターも通してない生の煙草を、火をつけながら肺で吸ってしまうと一気に肺にはってくるばかりか、灰や火種までもが口の中に入ってきてむにゃー!ということになります。

キセルの場合は、紙巻煙草と違い、煙を肺に入れません。
じゃあどうするかというと、火皿に遠めに火を近づけて、
08042908.jpg
んぱんぱとやります。
「ん」で口に煙を入れ、「ぱ」で煙を吐き出す感じ。
08042909.jpg
火種がしっかり回ったら、暫くは消えることはありません。
消えたかな?とおもったらんぱんぱするか、羅宇(竹部分。フィルターの役目をする)の中を煙が行き来するような感じで空気を出したり入れたりしていると、また火種が復活します。
じっくりすうときは、「ん」を長めにして、「ぱ」を遅めにすればよろしい。
ふかすだけでは物足りない人は、「ん」の後に鼻で息を吸いながら、少しずつ口の煙を混ぜながら肺に入れてやれば紙巻と同じよう感覚で吸えますよ。

2~3服吸ったら終わり、みたいに良く言われますが、刻みを十分に詰めてうまいことんぱんぱやれば、6~7服、2~3分くらい持たすことが出来ますよ。

08042911.jpg
吸い終わったら早めに灰皿や灰吹きにポン。
直接灰吹きの縁に打ち付けてもいいですが、雁首が傷みます。画像のように、手を添えてやるだけでも落ちますので、ここはお上品に。
吸い終わって時間がたつと、灰が落ちにくいように思います。


風情を楽しみたい人は、煙草盆を手に入れて、火入れに炭を入れてみましょう。
08042910.jpg
画像では香炭を使っています。メリメリと燃えるのが萌えます。

煙管には、よく「~するのが粋」みたいなことが良く付いて回りますが、あまりに気にしないでいいと思います。
「~するのが粋」を真似するのは粋じゃないからね。吸いたい様に美味しく吸うのが一番。嗜好品ですから。

刻みは美味しいです。
刻みに慣れて紙巻を久しぶりに吸うと、紙が燃える味が気になるようになるくらい純粋な煙草の味がします。

吸い方は分かったが、道具はどうすりゃいいんだ?
というあなたの為に、次回は道具類について書きたいと思います。

煙管周りの道具は面白いですよ~



追記

2011/1/7 お掃除編アップしました!


煙管道楽処「喜狂家ブログ」はこちら

コメント

はじめまして。

丁度煙管を買い、吸おうと思ってるのですが、写真つきでとても参考になりました!

not subject

caffelover様

はじめまして。
煙管を始めるのですね!
それは素晴らしい。

余り吸い込みすぎないよう、くれぐれも注意してくださいね。
楽しい煙管ライフを!

not subject

「煙管 吸い方」で検索をかけて真っ先に引っかかるだけあります。
とても解りやすい解説でした。
そこで質問なのですが、タバコの湿り気具合はどんな感じがいいのでしょうか?
もう一つ、吸い終わった後にポンと吸殻が出ずに細かい灰が皿の部分に残留してしまうのは何が原因でしょうか…?
不躾ですが、お願い致します。

not subject

>名無しさん

コメントに気づかず、大変遅くなってしまいました!
申し訳ございません。

>そこで質問なのですが、タバコの湿り気具合はどんな感じがいいのでしょうか?

この季節(冬)は大変空気が乾燥するため、しっかりと加湿する必要があります。
と言っても蒸気に当てたり、霧吹きなんかはNG。

・タッパーに、水を張ったおちょこと一緒に入れて一晩寝かす
・みかんの皮を入れておく
・帯と腹の間に挟んで加湿(笑)

などして、適切な湿度を保ってください。
目安は、糸状になっているこいきをつまんだ時に、ぼろぼろ崩れすふんわりと引き出せるくらいが一番美味しいです。

山に行った時や梅雨時なんかは、湿気が多すぎて火が付きにくくなったり燃え残ったりします。しっかりと箱に入れて湿度を調節しましょう。


>もう一つ、吸い終わった後にポンと吸殻が出ずに細かい灰が皿の部分に残留してしまうのは何が原因でしょうか…?

いろいろ考えられますが、こいきの湿気が多すぎたか、最後まで吸いきれていないかのどちらかです。
特に、まだ慣れていない段階では後者の可能性が高いです。

素敵な煙管ライフを!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索