煙管のススメ ~道具編~

煙管の楽しみは、なんとっても提げ物、道具類。
女性の、簪や帯留といった小物類に相当するポジションで、持つ人の趣味が表れる所です。

男の着物といえば二次的に刀剣類を連想してしまいがちですが、武家の血筋ならともかく、店主のような名もなき町人風情には、ストイックな刀より、享楽的な煙草が良く似合います。
人間、分というのを弁えなあきまへん。

煙草道具を携帯するに当たって必要なのは、主に二つ。
煙管入れと、刻み(煙草)入れです。
それを根付と組み合わせて、帯に挟んで腰から提げて携帯します。

例その1
08050201.jpg
骨董市などで比較的良く見る組み合わせ。
煙管を入れる筒差しと、煙草を入れる叺(かます)が一体になったタイプ。

08050202.jpg
このように、筒差しを帯に差して携帯します。
これは、擬革紙の筒差しと、革の叺。価格は、飲み代一回分くらいです。


例その2
08050203.jpg
鹿角の筒差しと、ココナッツの刻みいれ。
堅いもので出来た刻みいれは、なぜかトンコツと呼ばれます。

この筒差しには、もともと相良刺繍の叺が付いていましたが、
08050205.jpg
時代も古く、耐久性もないため、叺は取り外してしまいました。
代わりに昔天神さんで手に入れたココナッツのトンコツに、これまた昔どこかで手に入れた珊瑚の緒締めを組み合わせて、印籠紐で繋ぎました。
08050204.jpg
最近はもっぱらこのセット。
このように、好きなパーツを組み合わせて自分好みのセットを作るのが、非常に楽しいのです。
ちょっとあらたまった席では、トンコツを相良刺繍の叺に付け替えて、おしゃれをして出かけます。
洋服で分かりやすくたとえるならば、G-Shockからオメガに替えるようなものでしょうか。


例その3

着流しでその辺に、というときは、もっとカジュアルに。
08050206.jpg
煙管を直接帯びに差して。
実は、このスタイルが一番好きだったりします。

08050208.jpg
現在愛用の一番スタンダードな大きさの煙管。吸い口と雁首に紗綾型が彫られ、羅宇は黒竹。シンプルでシブい。

じゃあ刻みはどこに入れていくのかというと、先ほどのココナッツのトンコツを筒差しからはずし、改めて根付を付けて「一つ差し」にして腰からぶら下げたり、印籠を刻みいれにして腰からぶら下げたりします。
08050207.jpg
もちろん、根付・緒締め・印籠(トンコツ)の組み合わせは、お好みで。


例その4

ちょっと変わったイロモノがお好きなら、こんなのはいかが?
08050209.jpg
太くて長い煙管、通称喧嘩煙管。
その昔、帯刀を許されなかった侠客達が、武器代わりに差していたという煙管です。
すごいものになると、鬼の金棒のような装飾の入ったものもあります。
見た目はいかついですが、フィルターに当たる羅宇部分が長いため、吸い心地は非常にマイルド。
08050210.jpg
腰に差して歩けば、インパクト大。巨躯の豪傑に良く似合います。
残念ながら店主には似合わず。


例その5

女性にだって似合う煙管はあります。
08050211.jpg
硝子の延べ煙管。
まだもったいなくて試していませんが、きっと煙が通過する様は美しいことでしょう。
08050212.jpg


という具合に、煙管周りの道具類は、自分の趣味に合わせて選んだり組み合わせたり出来るのです。
筒差し、叺、トンコツ、緒締め、根付など、各パーツや使う紐によって表情はガラリと変わってきます。
上で紹介したものは全て古いものばかりですが、もちろん新品も販売されています。
京都ではあまり見かけませんが、浅草などでは袋物屋さんで叺を良く見かけます。
煙管も、新品は探せば案外見つかります。

でも、古手のものはやっぱり味が違います。
縁日や骨董祭で見つけた道具で煙草を吸いたい!という気持ちはよーく分かります。
分かりますが、一寸待て。

古いものは当然埃やカビが生えている可能性が高く、そのままでは使えません。
そのまま使ったりすると、喉を痛めたり、最悪の場合二週間入院する羽目になるため、お薦めできません。

では、使えるようにするには如何すればいいのか?
それは次回、「お手入れ編」にて・・・。

コメント

いいね。

かっこいいー。
根付けと印籠、おじいちゃんのタンスから出てきたよ。
ひもでセットになってるものの、なぜかビニールのひもでつけちゃってる。
おじいちゃん・・・。

印籠もけっこうぼろぼろだしね。

ひもはどこで入手できるのでしょうか?
さらにさいきん煙草はあまり吸わないようになったのですが、やっぱり何かぶら下げたい。
かっこいい。
根付けもいろいろ欲しいけどこの前大骨董際で見たときはとても高かった・・・。

なにかよいあんはないものでしょうか?

not subject

ガラスの煙管すてき!
涼しげでイイですねー。綺麗だなぁ。

not subject

じゅんくん

根付と印籠、うちで手直ししますよ。
紐は、組紐屋さんに行けば手に入ります。が、高いです。
ので、ぜひ当店へ。
紐代込みで1050円で紐通しまでさせて頂きますよ。
もちろん正絹の印籠紐。

根付は、古根付ならやっぱり高いよね。
だから最初は現代根付でいいと思うよ。

こちらも当店品揃えが豊富でございます。
http://item.rakuten.co.jp/oharibako/c/0000000159/
ぜひ一度お運びの程!


しらたま様

ガラスの煙管、一度吸ってみたいんですがもったいなくて。
それに、店主には似合いそうも無いしね。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索