煙管のススメ~応急処置編~

前回の煙管のススメで、羅宇の交換がいつになることやらと書きましたが、案外早くやってきました。

あるとき煙管掃除をしようとして雁首を捻りますと、パキっと小気味良い音が。
やっちまった。
羅宇竹にヒビが入ってしまいました。
08060401.jpg
前回書いたとおり、羅宇は消耗品。
いつか交換しなければいけないものなので、そう落ち込むことはありません。

しかし、交換するまでは煙管が使えない。
煙草をふかしても、ヒビから紫煙が立ち漏れる始末。
煙管専門店の谷川清次郎商店さんは、不定休の為なかなか木曜日に伺う事が出来ません。
羅宇交換までの間、とりあえず応急処置をすることにしました。


まずは和紙を用意します。
パルプを含まない、手漉きの和紙がベスト。
粘り気があり、手で破いても繊維がしっかりしていて綺麗に破れないものですね。
これを、羅宇のヒビ割れに合わせてカットします。
08060402.jpg
それを、羅宇のひび割れに沿って咲きの方から入れていきます。
少しずつ、慎重に。
08060403.jpg
全部入りましたら、余っている部分を鋏でカットします。
手で破こうとすると、和紙がすっぽ抜けてしまうことが多いので注意。
繊維が強いですからね。
08060404.jpg
完成です。


これが正しい応急処置かどうかは知りません。
毎度の事ながら、あくまでも私のやり方ですので、「全然なってねぇ。シロウトが。」という方は、ぜひ知恵をお貸しくださいませ。

念のため、次回谷川清次郎商店さんへ行ったときに確認してみますね。


さて、次回こそ「羅宇交換編」です。
お楽しみに。

コメント

not subject

これはいよいよ硝子煙管の出番ですね。
ヒビが入った原因は、一向に使ってくれない!という硝子煙管のヤキモチかもしれませんよ~。
物にも気持ちが宿りますからね。

not subject

硝子煙管・・・
なんだか、初めて煙を通す瞬間は緊張しそうですね。
汚れなき綺麗な硝子を穢してしまうのはなんとも官能的。

うーん。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索