町家のお手入れその1~紅殻(ベンガラ)編~

おはりばこも早いもので、紫野に移転してもう3回目の夏を数えます。
改修時に簡単に手入れをして以来、店の外装は簡単な拭き掃除以外手を入れないままで、大正元年築のこの町家も、アラが目立ってきていました。

「人の家に遊びに来た様な」というオブラートに包んだお客様の言葉の真意が、「店に見えないよ」という意味であることを薄々感じながらもスルーしてきたおはりばこですが、ここにきてようやく重い腰を上げました。
6月第三水曜日のお休みの日に、一気に店らしくするべくスタッフ達に休日出勤を命じ、外装の手入れに取り掛かりました。

08062001.jpg
本当は桜が咲くまでに綺麗にしようと冬の終わりに山中油店さんで買ってきた黒い弁柄。
酸化鉄、つまり鉄錆びが原料の顔料です。
弁柄といえば、茶褐色がメジャーですが、おはりばこの格子は元々黒いので黒いベンガラをゲット。
「着色力・隠蔽力が大きく、耐熱性・耐水性・耐光性・耐酸性・耐アルカリ性のいずれにも優れており、安価な上無毒で人体にも安全なため非常に用途は多い。」(wikipedia

ベンガラを着色させるのに、柿渋を使います。
柿渋は防虫・防腐に優れ、太陽によってタンニンが発色し、独特の色になります。
とての臭いですが、最近は匂いのない柿渋も売られているようですね。
こちらも山中さんでゲット。
08062002.jpg
ちなみに奥にいるのは業者さんじゃありません。
うちのスタッフアサミです。

今回は、柿渋一升にベンガラ250gを混ぜました。
顔料なので溶けるわけではありません。よ~く攪拌してやります。
08062003.jpg
それを刷毛で塗ってはダスターで拭き伸ばしてやります。
拭き漆みたいな感じですね。

08062004.jpg
細かいところは歯ブラシを使い、丁寧に。
ペンキですと木に膜を作ってしまうため、木がダメになってしまいますし、白々しい光沢が出てしまい、ゴテゴテしてしまいます。
オイルステインは木に良く馴染みますが、塗料自体の質感が弱く、のっぺりとした印象。
しかも、どちらも化学物質が多く含まれています。

柿渋+ベンガラですと、木に良く馴染む上に、柿渋が程よくぽってりとした質感を持っていますので、木目の表情を豊かにしてくれます。
油が抜けてカスカスになった木も、生き生きと蘇ります。
そしてどちらも天然素材なので安心!

では塗りあがりを比べてみましょう。


【before】
08062005.jpg
油も抜け、塗料も剥げてみすぼらしい姿になっていた格子も、ベンガラを塗ってやると・・・。

【after】
08062006.jpg
なんということでしょう!
優しい炭色になり、木目が力強く綺麗に出ています。
見た目だけでなく、防虫・防腐も施されたわけです。なんと素晴らしき天然塗料。まさに劇的。

店の前で弁柄を塗っていると、通りすがりのご近所さんが興味津々に眺めていきます。
「シブ塗ってんのか?」
「紅殻やな」
「今度うちも弁柄塗りなおそうと思てたんです。見せてください」

などなど、さすが皆さん昔から町家暮らしだけあって、誰も「ペンキ」なんてことは言ってきません。
ご近所さんに色々教えてもらいながら、無事に完了。

さあお昼はなんにしようか!とスタッフ二人に振ってみると、「店長の奢りでお寿司!」なんてこの二人まったく遠慮というものが無い。
08062007.jpg
まあ年頃の別嬪さんに作業着着せて肉体労働させてる身ですから、しっかたねぇなあ。と握り三人前を注文。
ちなみに左が新人のサトミちゃんです。

08062008.jpg
肉体労働の後に外でつまむ寿司ってのは旨いね。
ビールを飲みたいのを我慢して、午後からに備えます。

お昼も頼むよー。

コメント

同じく使いました^^

ぉぉ~ベンガラ!
我が家の内装にも活躍させましたよ!
大工さんに教わって使ったのですが、私は赤ベンガラと油煙粉末で濃いこげ茶色にして菜種油で溶いてダスターを使って柱を拭きこみました。
マットな光沢で木目も生きていい感じになりました。
柿渋もいいでしょうね。今度見に伺います^^

not subject

劇的ビフォーアフターのサントラを丁度良く聴いていた為に、思わず飲んでいた紅茶を吹き出しそうになりました。
お店がお店らしくなった頃、また遊びに行かせていただきたいと思います。

not subject

もちろん晩御飯はフグ刺しあたりを振舞ったんですよね?

お嬢さんたちに手入れしてもらって格子も喜んでいることでしょう。
近いうちに仕上がりを見にお邪魔します。

あれ?そういえば洋服姿初めて見ました。誰かと思った!

はじめましてっ。

はじめまして。
普段着物男子(でもヲカマ)の大地と申します。
※ご気分を害してしまいましたらごめんなさい。

実は前からブログを愛読させて頂いておりました。
煙管のお話はもちろん、数少ない着物男子の
コーデネイトの勉強もさせて頂いております。

店主様・・・激 お 洒 落 で す w
ありがとうございます。

町屋のお手入れ、、実際お住まいの方は大変ですね。
でも、、、憧れ(憧れです。)
京都に行ったときは、お店付近でウロウロ出来ればなぁと
思っております(不審でごめんなさい・・・w)

お邪魔致しました。その上、長文ごめんなさい。

not subject

宇ゐ様

油煙ですか!これはまた贅沢な黒ですね。
良い色になったことでしょう。
うちはまだ油を塗ってませんので、くすんだ黒ですよ。
仕上げたら見に来てください!


桔梗様

それはそれはタイミングだことで。
少しは店らしくなりましたよ。
また遊びに来てくださいね。


しらたま様

いえいえ、逆に体で返してもらいましたよ。
ええ、肉体労働でね。

洋服姿初めて載せましたかな?
今回の見所はアサミちゃんのツナギなんやけどなぁ。


大地様

いらっしゃいませ。
普段着着物男子さま大歓迎です。
そういえば最近コーディネート載せてないなぁ。
夏になったら自慢げに乗せますね。

また京都にお越しの際は遊びにいらしてください。
遠巻きでウロウロは逆に怖いですw

それにしても濃いブログをお持ちですな・・・。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索