この夏一番の着物

満月と大文字のおかげなのか、少しは涼しくなってきました。
有難いけど夏物を着られるのもあと少し、と考えると少し寂しい気もしますね。
今年はまだ夏らしいことしてないもんなー。

でも、夏着物はしっかり堪能させてもらいましたよ。
その中でも、自分的に一番好きな組み合わせをご紹介。
08081801.jpg
着物:亀甲絣の能登上布(正尚堂さん
帯:綿縮緬の兵児帯(めうがやさん

深い黒に近い紺の能登上布は、ゴワゴワしすぎず薄すぎずで、体になじむ最高の着心地。
あんまり薄すぎる上布より、凹凸感のある麻の方が自分にはしっくり来ます。
今年は夏大島も着ましたが、自分的には能登上布に軍配。

浅草で去年求めた兵児帯は、絹の兵児みたいにクタッとせず、締め心地も良くきりっと結べるのが特長。臙脂の色合いも安っぽくなく、有松の浴衣・アカソの着物など、何にあわせても相性バッチリ。
絹の兵児帯に戻れなくなります。
めうがやさんは行くたびに足袋やらなんやら買ってしまうのです。
ああいう雰囲気は、京都にはないんよなー。お江戸の粋を感じる店。

08081802.jpg
後姿は・・・昨日アレだけ語っておいて皺皺のグダグダですが、この皺も、ジーンズで言うところの「ヒゲ」のようなもので、変に愛着が湧いてくるものです。
洗えば洗うほどひげが色落ちしていくのでしょうか。それも楽しみ。

おろしたての麻着物は、なんか折り紙の奴さんみたいですが、こなれてくるとこのように体にフィットしてきます。

そんな能登上布の故郷、金沢へ明日から行ってまいります。
海の幸、蒔絵、忍者寺、21世紀美術館・・・

金沢って、どんなかなー

コメント

色合いが大好きっ

こんばんわ。コーデネート写真につられまたきてしまいましたw
とても良い色合いの着物ですねぇ。
また兵児帯の色合いがかっこいいっ!!
また、手拭の仕舞い所には「なるほど。」と唸りました。
いつも僕は胸元に忍ばせていたもので。今度、試してみますっ!

いやぁー、女性の着物姿も華やかで好きですが
男の着物姿も大好きです。参考にさせていただきまーす。

どうぞ、金沢も素晴らしい旅行(?)でありますように。

not subject

大地さま

着物も兵児帯も、風合い・色合い共にツボでした。
手拭いは、手拭きに使った後に懐に仕舞うのはちょっとていこうありますよね。
だから腰に挟んでます。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索