骨董における店主考

人間、誰しも好きなものに囲まれていきたい。
音楽の好きな人は、CDやレコードを買いあさり、手をかけたサウンドシステムを構築するだろうし、車好きの人は、車雑誌を買いあさったり、自分だけの車をカスタムしたり。

24時間自転車に囲まれて生きている人もいるし、PCやシンセなどの電化製品に囲まれて生きている人もいます。

みなそれぞれ、自分という人間を補完するため、時には第三者から異常とも思える有様で好きなものを集めます。

古いものを集める人は、おそらく妄想癖のあるロマンチストです。
天板の瑕ひとつに、10のストーリーを書ける人。
品の仕事から、職人の人柄を自分勝手に思いを馳せられる人。
自分が所有する以前に使っていた人の性格を、勝手に思い描ける人。

111701.jpg



とにかく想像力、というより妄想力が勝負です。

かめはめ波を出そうと試みて力いっぱい失敗したにもかかわらず、布団の中でかめはめ波を出している自分を想像しながら寝たあなた。
好きな男子の苗字の下に自分の名前を連ねて書いて、本気で赤面してしまったあなた。

才能あります、骨董の。

高い安いは関係ない、価値はあなたが決めるもの。
1円の価値もない石ころに、異常な愛着と執念を燃やしたあのころの気持ち。
これさえあれば、古いもの集めはとても楽しくなります。

古いことがいいのではなく、それに刻まれた歴史や物語(を妄想すること)が面白いのです。

ん?古いものと骨董はぜんぜん違う?
はい、そのあたりは次回以降に・・・。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索