ich・iman・benクリスマスパーティ

もう、いくつか寝るとクリスマスがやってきます♪

基督教でもないのにクリスマスとはけしからん!というご意見もありますが、いまやすっかり国民的歳時記になった感もあります。
まあなにかとかこつけて着物を着て楽しむ機会ができたらそれでいいではないですか。

そんなわけで毎年恒例のichi・man・benクリスマスパーティにお呼ばれしてまいりました。
昨年はアフロ侍でネタに走った店主ですが、今年は真面目にクリスマスコーディネートで参加してきました。
もうお笑い要員もしんどいですわ。

やはりクリスマスパーティだけあって、皆様とても華やかな装いで。
着物と美人が大好物の店主にとって、着物美人だらけのこのパーティは至福の時間でございました。

それではご参加の皆様のご様子をご覧アレ。

08121207.jpg
左は、某一流企業勤務の一流ヘンタイSEであるT口氏。
なんと白大島に漆の誂えの羽織というこだわりよう。手の角度が明らかに怪しいのですが、ご本人は取調べに対し、一貫して容疑を否認しています。

真ん中はおはりばこスタッフあちゃ。
浅葱色の紋錦紗のアンティーク。地紋は源氏香です。

右は、ichiスタッフH口さん。
この日の着物の裾模様は、なんとご自身で手描きされたのだそう。
08121206.jpg
それがこれ。

どれ?って?
この紫の部分全てです。
信じられんでしょう。素敵過ぎます。
いつか店主も描いてもらおう

08121208.jpg
お久しぶりです、中村夫妻。
いつもと変わらぬ鴛鴦ぶり。店主憧れのご夫妻です。

ご主人は、格子の紬に黒の長羽織。
髪が伸びてさわやかになってらっしゃいました。
奥様は、淡いベージュがかった黄色のお着物。

08121209.jpg
ichiスタッフmichiさんと、元スタッフrieさん。
みっちゃんが持っている手拭いは、彼女がデザインしたもの。
cocon烏丸7階のshin-biにて絶賛発売中だぞ!

08121210.jpg
rieさんの裾模様。
アンティークならではの紫の地色に、お花と雉という豪華な訪問着。この方は紫がよく似合います。

08121203.jpg
久々登場、おはりばこ製作部フミちゃん。
ラメラメお召しで登場です。
この二人、かわいい顔して共にドS。
取り扱い注意。

08121204.jpg
ロシア帽で登場したのはichiスタッフM本さん。
裾には雪のようなお花が描かれたお召し訪問着で、ばっちりクリスマスコーディネートでした。
はじめて会ったのが去年のクリスマスパーティ。すっかり板についてきましたね。

ちなみにロシア語で「中国」は、「キタイスキー」。
「北井好きー」という遠まわしなメッセージだったのですね。M本さんったら。

08121205.jpg
今回のスペッシャルゲスト、東京からchokoちゃん。
現場を退いてもそのカリスマっぷりは衰えるところを知らず、むしろ姐さんっぷりに磨きが掛かってました。恐るべし。
一分の隙もない、見事な拵えです。

ご主人のボッシーは残念ながらお留守番・・・・。

08121202.jpg
O滝嬢は、マジョリカお召しで。縞の女王を返上してからというもの、女っぷりはますます上昇中。
右の美女は、帯結び・帯締め・半襟・白足袋・すっきりした着付けなど、着こなしは正統派で品をもたせつつも、各アイテムの選び方や合わせ方が素晴らしかったです。店主好みの着こなしでしたので、無理を言って撮らせて頂きました。

08121211.jpg
さて、この日の店主の拵え。
緑と赤と白のクリスマスカラーの綿更紗。
アラベスク調の柄行もイカシテます。
帯は赤を持ってきてなんとかクリスマスコーディネートに持って行きました。
08121212.jpg

他にもたくさんの素敵着物人が大集合だったのですが、撮りそびれてしまいました・・・。

ほらほら、皆さんも着物を着たくなってきたでしょう?
ichi・man・benに足を運べば、女心をくすぐるコーディネートをばっちり提案してくれますよ。

08121201.jpg

来年のクリスマスパーティも楽しみにしてますよ!

コメント

not subject

ん?んんん?
あああ!フミさんの髪の毛が・・・!
でも似合う!可愛い♪

not subject

合言葉は~~~~


キタイスキーーーーーーーー



げほっげほっ

not subject

しらたま様

そうなんです。ばっさりと。
あさみちゃんとキャラがかぶってきました。


CHOKOちゃん

こちらこそ。
ボシスキーーーーーーー!
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索