それぞれのクリスマスイブ


子供のころはあんなに楽しみだったクリスマスも、成人してからは「関係ねーや」と無関心を決め込んでいましたが、この歳になってみると改めてクリスマスの良さってのが分かってきました。

用があって町にでると、みんなどこかしら楽しそうで。
近所の男の子がちょっぴり遠くに住む彼女のためにクリスマスプレゼントを買いに来てくれたり。
そりゃ全身全霊でもってラッピングさせてもらいましたとも。
照れる彼に無理やり一筆箋で手紙を書かせたりなんかして。
なんだかサンタになったような気分でね。
08122401.jpg

終わりがけには、小さなお子さんのいるお母さんが、サンタから預かった手紙の英訳に間違いがないかを見て欲しい、と持ってきて呉れまして。
自分も英語なんざからっきしですが、その内容は、夢と愛が詰まっているんです。それだけはようく分かる。
昔昔、サンタからもらった英語の手紙を思い出しましたよ。
書いた本人に訳してもらいましたがね。

寿ぎでもなく、宗教行事でもない、日本のクリスマス。
でも、この独特の雰囲気はなかなかどうして悪くない。

今夜は日本中で、世界中で、いろんなドラマがあるのでしょうが、今夜ばかりは世界中の幸せが、世界中の悲しみを覆い隠せますように。


平和でありますように。

コメント

not subject

味わい深い語り口の
人情噺の一説を聞いているかのようです…。

こんな風に心温まるエピソードが才ある人によって語られ、
この日に世に放たれることこそが、(み○○ー・ち○○○ん風に言えば)
天からの贈り物(=GIFT)ということなのでしょうね…。

not subject

通すがり様

駄文に足をお止め頂き恐縮です。
おっしゃるとおり、この日の出来事は私へのクリスマスプレゼントのようでした。

世の中捨てたもんじゃありません。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索