東男に京女

店主は、生まれも育ちも京都。
生粋の京都人です。

でも、実は江戸っ子にあこがれています。

京都人がこんなことを言ってしまったら、見も蓋も無いのですが、江戸っ子はいいです。

ご存知のとおり、平安遷都以来、京は天子様のお膝元ということで、上品で優雅な文化が育ちました。
政治の中心が江戸に移った江戸時代以降も、天皇という大儀を戴いていた京は、公家を中心とした伝統文化が継承されていきました。

対して、江戸は、250年にわたる天下泰平ミラクルピースのおかげで、町人文化が栄えます。
武家政治の下、風流を解さないけれども男らしく勇猛な益荒男たちが、
「粋」の文化を作り出しました。

口は悪く上品とはいえないけれど、情に厚くてわかりやすく、一本筋の通った偉丈夫。そして、見えないところにこだわりをもって、色町を闊歩する遊び人。

さしずめ松平健扮する徳田新之助といったところでしょうか。

実際、生粋の東京人の友達の、分かりやすく男らしいところはちょびっとあこがれてしまいます。

「京女」という言葉はしばしば登場しますが、「京男」なんて言葉はあまり聞きません。なんだか優男を想像してしまうのは店主だけでしょうか。

「京女」は、伊右衛門での宮沢りえさんや、グリコ「和ごころ」での木村多江さんなど、イメージしやすい女性像だと思います。
情、才、美三拍子そろった、なんてね。
しかし!「京男」はいまいちピンと来ません。

そもそも、「東男に京女」という言葉からも見て取れるよう、「京男」は影が薄いもの。
「こっそり」を信条に掲げるおはりばこ店主においては、それで良いといえばいいのですが・・・。

いいなあ、江戸っ子。

コメント

はじめまして。和柄の小物を検索していたら、西陣おはりばこに着きました。本当に鮮やかな古布の小物ばかりでネットで見るだけでも、ウットリしました。
12月に京都に行くので、その際は友達と二人お店に寄せていただきます。
実は和装小物で、男性の使うタバコケースを探しているのですが…出来れば根付などが付いているもので。京都にならあるのでは?!という期待しています。
余談ですが…私はハマっこです(笑)

こんにちは。20日に開店前におじゃましてしまい、すいませんでした;
お母さんがどうしても行きたかったみたいで道で店主さんに会えて、とても幸運でした!
お茶までごちそうになって、お店ゆっくり見れてとても楽しかったです☆お茶美味しかったです☆
がまぐち大切に使います。

店主さんに会って京都人?!京男?!すごい素敵だと思いました(^^)
余談ですが私もハマっこです(笑)

ハマっ子のみなさまへ

おはりばこへご来店くださるお客様は、なぜか横浜の方が多いです。
かくいう店主も、横浜は好きな町です。
一回しかいったことありませんが、都会っぽいのにどこかニヒルなお洒落感漂う町で、とても素敵ですね。

ハマっ子の友達もいますが、上方には出せない粋をにじませており、とてもあこがれます。

また行きたいなぁ、ヨコハマ・・・


>百乃進さま

こんにちは。
書き込みありがとうございます。
男物のタバコケースですが、おはりばこには印籠型の携帯(タバコ)ケースというものがあります。
どのへんがどう印籠なのかは見ていただいたらお分かりいただけると思います。
http://item.rakuten.co.jp/oharibako/c0-510

店主がデザインした、自信作ですので、ぜひご覧ください。
ご来店、お待ちしております。

>しおりさま
先日はご来店ありがとうございました。
お母様だったんですね!びっくりです。
とても若々しいお母様をお持ちで、うらやましいです。

京男をほめてくださり、ありがとうございます。
京都に生きる男としてこれからも京男の地位向上を目指してがんばります!

また京都へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。
お母様によろしく。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索