門前町、火の用心

町家でお店をやることになったとき、誓ったことが3つあります。

一つ。
町家を、職住一致の家にすること。
つまり、町家を、すみながら仕事をする場所として活用するということ。

一つ。
無理な改装はせず、元の状態に戻してやる。
つまり、不便や暑さ寒さもおいしくいただきます、ということ。

一つ。
町内の行事には極力参加。
つまり、目に見える文化も目に見えない文化も愛そうということ。

「これが町家のあるべき使い方だ!俺はそれを実践している!」
なんて嘯くつもりは毛頭ありません。
いろんな使い方があっていいし、その人にあうライフスタイルで活用していけばいいと思うのですが、店主のテーマは以上のような感じでした。

というわけでやってきた、引っ越して最初の町内行事「防災訓練」。

戌亥町の時にすでに何度か経験済みですが、門前町では初めてです。
町家でなくても一番怖いのは、やはり火事。
特に町家は木と土と紙でできた、日本家屋です。
火がつけばひとたまりもありません。
日ごろから防火に対する意識を高めておかなければいけません。

ましてや、おはりばこは、門前町の消火器をお預かりしています。
112001.jpg



おはりばこの市内局番は、「0119」。
さらに、店主の母方の祖父は、元消防所長。

防災訓練不参加などということがあれば、先祖の位牌に申し開きが立ちません。

そんなこんなで、消火器をぶっ放してきました。
いざ、というときに慌てて使い方がわからないなんてことにならないよう、一度消火器には触れておいたほうがいいですね。

皆さんも、くれぐれも「火の用心」。

コメント

夜はめっきり寒くなりましたが、いかがお過ごしですか?
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索