東北東に針路を執れ

今や豆まきよりもメジャーな行事になった感のある恵方巻。
みんなでやるとそのシュールな絵面に笑いをこらえながら食べるのが楽しいのですが、一人で食べても普通に太巻食べてるときとそう変わんのだわな。

でもこういうことはなんとなくやっておいたほうがいい様な、言い換えればやらなければなんだか時節一つ分損した気持ちになるような、モッタイナイ精神が店主の体を今年も恵方に向けるのです。

今年は東北東だって?

09020301.jpg
太巻きを望遠鏡の如く恵方に構え、先行き不透明なこのご時世の趨勢を望まんとす、るとそこには

09020302.jpg
半月前に軒下からはずした注連飾りが肩身を狭そうにしてちんまりとぶら下がっておるではないかい。

ほかすのも忍びないので柱に掛けておいたこの七五三飾り、今日の吉田神社の節分祭で、火炉に投げ入れ奉焼してくることにいたしましょう。

コメント

not subject

店主が、黒くて長くて太ぉいアレをその手に添えて
あぁーんと咥え込む情景を脳裏に思い浮かべるだけで
私は何とかすることができそうです。
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索