単衣着物と神田結び

さあ単衣の季節が始まりました。
袷・夏物はたくさん流通しているのですが、単衣というのは本当に少ないんです。
数が少ないのはもちろんのこと、梅雨だなんだと着物を着る気をなくさせるこの季節。
毎日着物を着るものとしては大変難しい季節です。


それだけに逆に着こなしにも手抜かり無く気合が入るということもあります。
暑苦しくなく、すっきりと、それでいて盛夏の軽やかさまでは行かない着姿は、単衣ならではですもんね。

09060202.jpg
先日の天神さん。
細かい格子の紬の単衣に有松鳴海絞の角帯を締めて。
白い鼻緒の下駄で帯にあわせてみました。

羽織を着ない、いわゆる「着流し」は、引き算の着こなし。
余計なものをつけませんので、着手が生きます。
09060201.jpg
帯結びは、神田結び。
貝の口の手を細くしてキリリと結んだ粋な帯結びです。
横縞の帯に似合う結びですな。


初夏の単は6月だけの1ヶ月。
ぜひ着流しでお出かけしてくださいな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索