370円の贅沢

めっきり寒くなってまいりました。
前の家よりましとはいえ、我が家は隙間だらけ。

外との隙間ももちろん多いのですが、間仕切りの隙間はもはや隙間と呼べる
範疇を逸脱しております。

こちらが我が部屋を隣の部屋から見た状態。
112201.jpg



鴨居と梁の間は数十センチ開いており、柱と壁の間も同じく人が通れるほど
の隙間が開いています。

夜が来て、寒くなればもう何もする気が起きません。
昔の人はこんなの我慢してたの?とびっくりするほどです。

が!
そんな寒い冬に強い見方がいます。
それは、銭湯。

おはりばこから歩いて1分、門前湯というお風呂屋さんがあります。
ここに毎日湯を浴びに通う店主。
ここは少し熱めの湯をいれているのですが、冬はとても助かります。

銭湯に入って、まず桶で湯を浴び、その後サウナへ。
じっくり汗をかいたら、体を洗います。
後はゆっくり湯につかるだけ。

こうも毎日風呂屋へ通っていると、お風呂やさんが自分ちの風呂のように
なってきます。
1日370円の贅沢ですが、お風呂を沸かすより手間も無く、かつ気持ちがいいのです。
大きな風呂はやっぱり気持ちがいいですからね。

風呂屋から帰ってきたら、あとはもう寝るだけ。
暖かいうちに布団に入れば、気がつけば夢の中。

内風呂(死後)がある皆さんも、冬はぜひ銭湯をご利用あれ。
これ、ハマリマス。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索