百寿紋風呂敷で敬老の日

先日、正尚堂さんのハギレコーナーにて面白い生地を発見しました。

紫地の、百寿紋の風呂敷。
09090601.jpg
某百貨店の粗品かと思われる古い正絹の風呂敷で、右下には百貨店のロゴが入っています。
百寿紋とは、「寿」という字がたくさん描かれている文様で、茶の裂地、帯、焼き物など色々なものに描かれる割とメジャーな文様ですが、全て異なる百種類の字体が描かれているものは案外ありません。
しかし、この風呂敷は百種類コンプリート。
約70センチ四方の風呂敷に、両脇に少し余白を明けてびっしりと壽が並んでいます。

みているだけでも楽しいのですがそこは小間物屋、これで何か出来ないかと考えてしまいます。
考えると益々楽しくなってくるのが小間物屋の性分でして、早速先ほど工房にてこれを裁断してきました。

限られた面積ですから、型紙を当てながらパズルのように柄を切り取っていく。
なるべく無駄の無いように、でも柄行も考えながら。
無地場はよけて、大きなものから順番に、小さなものまで一通りできました。

【風呂敷一枚で取れたもの】

ポーチ
親子がま口
札がま
マメがま
iPod nanoケース×2
携帯ケース
兎根付
花毬根付
瓢箪根付

それぞれ1種類ずつ出来ました。
iPod nanoケースが二つあるのは、昨日たまたまご来店くださった常連さんがnanoケースを探してらっしゃったのでオススメしたため。

残ったのは、
09090602.jpg
たったこれだけ。
千鳥根付の表が取れたのですが、残念ながら裏側を取るだけの布が残りませんでした。
この余り裂さえ、ラッピングの材料に再利用します。
製作にの際に排出されたCO2は、店主の吐き出した息に含まれる分だけ。
出たゴミは、無地場の余り裂だけ。

これから加工して、なんとか敬老の日までに間に合わせるように完成させます。
出来上がったものは、お店のオークションに登場予定。

おめでたい壽紋です。
敬老の日のプレゼントにいかがですか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索