七五三を言祝ぐ

いよいよ今日はいよいよ七五三本番です。

髪飾り屋としては、七五三には並々ならぬ思いがあります。
七五三というのは、よくよく考えると、女の子が一生の間に唯一度、純和の装いをする日なのではないでしょうか。
もちろん、結婚式でも和装を選ぶ人はいますが、日本髪に簪をつけて、というスタイルはとても少なくなってきています。
洋装だったり、モダンな髪型だったり。
大人になると、ご本人の好みや似合うスタイルがはっきりしてくるので、それは当然のことです。

それに比べると、七五三はやはり古典的なスタイルを選ばれる方が多いように思います。
だって古典的なスタイルが一番似合うんですもん、この年頃の女の子は。
日本髪にして、ちんころとかのこをつけて、顔の両側に簪を着けて・・・
これが似合う大人の女性はなかなか見つけられませんが、子供なら間違いなくかわいい。
だからおはりばこでは、古典的でシンプルで、色と形と作りにこだわった髪飾りを提案してきました。
黒髪の女の子が、日本髪にしたときにいちばん似合う髪飾りを、です。

お店にきてくれた女の子達が、それぞれ髪飾りを選んで鏡の前に立ってくれるのを見ていると、髪飾り屋でよかった!と心の底から思えてきます。
七五三は、女の子の内にある可愛くありたいという女心を萌芽させる大切な通過儀礼なのではないでしょうか。
七五三を通して、自分を可愛く飾ることの楽しさを覚えてもらい、自分が特別なお姫様であることを知ってもらえれば、かんざし屋冥利に尽きるというものです。
明日はちょっと誇らしげに仕事ができそうです。

今年おはりばこの髪飾りを選んでくれた全国300人余りのお姫様達が、素敵な七五三を迎えますように。
そして、健やかで聡明な、日本の美を知る女性になりますように。


七五三をお迎えになりました皆様、心からお慶び申し上げます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索