喜狂家の定紋作ってみた&イベントのお知らせ

おはりばこを立ち上げてもうすぐ丸6年になろうとしています。
「おはりばこ」というのは、今更説明するまでもなく、私が店長を務めるお店の屋号。
ですが、自分の店ではなく、正しくは自分の会社の店ということになります。

これとは別に、生意気にももう一つ屋号を持っています。
それは「喜狂家」。
煙管を使ってみんなで遊ぼう集まろう、という、完全に個人的道楽な煙管バーの屋号です。
これは会社のものではなく私のものですので、個人的趣味丸出しでやっておりまして、特に何か大きなことをやってきた訳ではありませんが、やはり相応の愛着があるもので。

そんなわけで喜狂家の定紋を拵えようと思い立ちました。


とは言っても、絵心ゼロ・デザイン素人の自分に人様にお見せして恥ずかしくない定紋を頭からひり出すのは容易なことではありません。
そこで、紋を考えるにあたっていくつか縛りを課すことにしました。
制限がある方が自由に考えられるということもあります。

一、シンプルであること
  定紋はあくまでも紋であってマークではありません。
  あまり意味を持たせすぎたり詰め込みすぎるのは粋じゃない。
  ゆくゆくは紋付を誂えたいので、細かすぎるのはNG。

一、既存のモチーフを用いないこと
  家紋には、基本となる文様を組み合わせて新しく作られたものが数多く存在しますが、
  まったく新しいモチーフであること。

一、判じ難きに過ぎず、判じ易きに過ぎず
  ぱっと見では何かよくわからずとも、よく見ればなるほどと思えるもの。
  いわゆる遊び心というやつですな

一、煙管のモチーフを組み込むこと
  やはり煙管がテーマの喜狂家ですから、煙管のモチーフはほしいところ。
  問題は、どうやって組み込むか、です。


違い鷹の羽のように煙管をぶっ違いに重ねるか?
外側の丸を煙管で表現するか?
桔梗に煙管を咥えさせるか?

アイデアを煮詰めて行くと、一つひらめきました。
喜狂家の「喜」の字は、「七」を品の字型に三つ重ねた字を使っています(喜の草書体)が、七を文様化して三つ組み込むことはできないか。
これなら煙管も取り入れられそうです。
七が三つというのも縁起がいいですしね。

何か参考になる家紋はないものか。
いろいろ文字系の家紋を調べていると、美しい文様に行き当たりました。
http://www.otomiya.com/kamon/moji/moji.htm
このページの、「三つ弓の字の丸」。
「弓」という字が見事に文様化されています。

これだ!

というわけで早速デザインを起こしました。
20091125021205


・・・・・・。
これだもんよ。
われながらすばらしくみすぼらしいです。

しかし、方向性としてはこういうこと。
次に、茶筒のふたで円を描き、下描きしてみました。
09112504.jpg

そうそう、イメージに近くなってきたよ!
これをphotoshopに取り込み、太さや形を修正し、できたのがこれ。
09112503.jpg

「七」の字と煙管を取り入れつつ三つ巴の要素もあり、シンプルに丸く収まりました。
かといってぱっと見ただけでは何かわからず、判じ文様になっているのもポイント高し。
煙管が煙を循環させているようにも見え、煙管の輪を作るという喜狂家のテーマにもぴったりです。

しかしやはり素人仕事、不満点もあります。

・輪投げツールを使って作ったピクセル画のため、輪郭がガタガタ。
・一つの「七」を適当にコピーして配置したため、完全な120度分割の点対称になっていない。

ヘタレphotoshopperの自分にはこれが限界。
イラストレーター使いのどなたか、作ってくれませんか?

思いつきで作った割にはなかなかの出来です。
いつかこの「三つ追い煙管七の字」紋を中陰一つ紋で設えた大名縞御召羽織を誂えるのが夢。


前置きが長くなってきましたが、本題です。
来る12月12日(土)、京阪丸太町駅すぐ上にあるみんなの遊び場、「metro」におきまして、宇宙大忘年会「ミラクル盆地」が開催されます。
そのイベントに、喜狂家も出展させていただきます。

09112501.jpg

09112502.jpg

踊って飲んで遊んで騒いで、一年間の厄落とし。
しかも着物で遊びに行けば1ドリンクサービス!
この値段ははっきり言ってかなりお徳です。

今年もあと少しでもう終わり。
皆さん、遊び残しの無いようご注意召されまし。


追記:
イラレでトレースしてあげよう!という方が名乗りを上げてくださいました。
ありがとうございます!

コメント

not subject

いい感じの紋じゃないですか!

12日は所用で伺うことができません!
残念です!

年内にはお店の方に一度伺う予定をしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

not subject

丁髷の床屋様

ありがとうございます!
ない知恵とセンスを振り絞って作った紋です。
結構お気に入り。

12日こられないとのこと、残念です。
年内お目にかかれますことをたのしみにしています!
新作の信玄袋ありますよー
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索