3/30喜狂家桜の宴@yu-anレポート

去る3/30、西陣のワインサロンYU-ANにて、煙管バー喜狂家をさせていただきました。
10033001.jpg

今回は、桜咲く満月の夜。
ちょっぴり怪しげな夜に仕立てるべく、用意したのはお香です。
ただ焚くだけではありません。煙管でお香を味わおうというのが今回の趣旨です。

つかったのは、松栄堂の塗香(ずこう)極上10g1050円。
これを少量刻みたばこに振りかけて、それを煙管で呑む訳です。

10033002.jpg
今回初お目見えのお道具は、この煙草盆。
欅の無垢で作られた、コンパクトな煙草盆です。
煙管掛けと、刻み入れと、灰吹きがセットになった便利なものです。
ふたはスライド式で開閉可能。
灰吹きは付いていなかった為、自作しました。

10033003.jpg
野点傘の下ちゃぶ台を囲んでみんなでもくもく。
紙巻きたばことの煙とは違って、嫌なにおいもせず、すぅっと消えて行く煙管の煙は粋なもんです。

10033004.jpg
奥座敷は、着物人達が集まって、お酒と煙を楽しんでいます。

10033005.jpg
結婚式の際着付けをしていただいたかぐやさん。
この日は日本髪で遊びにきてくれました。

10033006.jpg
桜の髪飾りをつけた女三人衆。
最近こういう光景が、当たり前になってきたように思います。
なんと恵まれていることでしょう。

10033007.jpg
かぐやさんの後ろ姿。
いつもきりっと背筋を伸ばしている人で、立ち姿がとても美しい方です。
日本髪はこうがい髷。塗りのこうがいが挿してあります。
帯は手書きで墨が走っています。
帯留めは刀の鍔。玄人さんの、プライベートといった出で立ちです。

10033008.jpg
かみさんの後ろ姿。
おなじくこうがい髷を結っています。
二人とも、エメラルド美容室で結ってもらってきていました。
いつもは鬢をあまり張らずにすっきりとした小振りの頭に結ってもらっていますが、この日はいわゆる灯籠鬢。
少し張り出し気味の、あでな頭に仕上げてもらっていました。

10033009.jpg
この日は、たばこ神社の神様にもお出まし頂き、日本の煙草文化の新しい形をご覧に入れました。
煙草の役割は、まだ終わっていないはず、と信じています。


夜も更けて満月が中天にさしかかる頃、正尚堂の佐野さんたちご一行が到着しました。
さあ夜の時間。佐野タイムの始まりです。
10033010.jpg
みんなで煙をくゆらせながら、美味しいお酒が進みます。
10033011.jpg
佐野さん、やんちゃなお顔に仕上がりました。
こうなったらもうこの人は止まりません。
10033012.jpg
よっぱらったかえちゃんにイタズラ。
曰く、「足の裏やったらばれへんやろ」。
なるほど。

10033013.jpg
最後には着物女子プロレスが始まり、何が何やら分からない状態に。
桜と煙と月の夜は、女人を狂わせるのでしょうか。


結局最後はこうなっちゃうのが喜狂家の常。
次回はもう少し、煙管につっこんだ内容にしようと誓った夜でした。

コメント

-ノープロレス!-

プロレスじゃないです!
エアこんにゃくです!
たみさんが白滝でわたしがお箸ですwww

not subject

HKさん

・・・
そうですか・・・
それは失礼しました。

もうなにがなにやら。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索