火の用心

火の用心って、聞いてると不思議なんです。
拍子木の音が聞こえたら灰皿を確認してしまったり、火の元を確認してしまったり。
うまいこと考えたもんだと感心してしまいます。

拍子木のたたき方も人それぞれ。
等間隔でゆっくりたたく人、2拍ずつたたく人、3拍ずつたたくひと。
小さい子供でしょうか、

「ひのようじん、ひのようじん(ちょんちょん)」

と叩く火の用心が一番好き。

そんな店主の火の用心は、いたってシンプル二拍三連のポリリズム。

火の用心


特に、町家は木と紙の家ですから。
火の用心。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索