笑顔の桜チャリティのお礼とご報告

3月26日に突然思い立って急遽立ち上げたチャリティ企画、「笑顔の桜」ですが、4月20日をもちまして終了となりました。

【東北に、関東に、笑顔の桜が咲きますように】
http://www.oharibako.com/page/sakura.html


たくさんのご協力を頂き、ありがとうございました。


予想以上の反響に、スタッフ一同とても驚きました。
工房に大至急扱いで発注をして、ただでさえ手一杯の工房をさらに混乱させてしまい、職人たちも大変だったようですが、1つでも多くの桜クリップをつくるべく、大車輪で頑張ってくれました。

お陰さまで、64260円の温かい寄付が集まりました。
sakura.jpg



ニュースから流れてくる大企業や大富豪たちの寄付金額に比べると、この金額は微々たる数字にしかなりません。

でも、賛同してくださった沢山のお客様の、温かい血が通ったお金です。
本当にありがとうございました。


本日、岩手のお客様からこんなメッセージが届きました。
ご紹介させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------
いつも素敵な小物をありがとうございます。3月の震災で東北は甚大な被害を受けました。幸い私の住む内陸部は被害も少なく、現在ではほぼ日常に戻っています。ただ、被害にあわれた沿岸部の人々を思うといまだに心が痛みます。

このたび、貴店で行われたチャリティー企画で岩手の石割桜が紹介されていました。とても心のこもった紹介で、貴店の真心が感じられました。企画に賛同されたお客様も多く、とても励まされました。被災地に心を寄せていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

GWに入り、石割桜は満開になりました。東北もいつか、桜のように力強く綺麗な花を咲かせて皆さんに感謝の気持ちを伝えられたらと思っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------


義捐金は、まだ遅々として配布が進んでいないようです。

瓦礫の山も、まだまだ撤去が進まないようです。

ご家族が見つからず、復興へと気持ちが向かない方も沢山いらっしゃるようです。

原発はまだ予断を許さない状況のようです。

日本はこのまま貧国に落ちるという識者の声もあるようです。


私たちの祖父・祖母達は、66年前、敗戦国として焼け野原からスタートして、小国日本を世界有数の経済大国にまで繁栄させました。

私たちはその驚異の遺伝子をを引く日本人です。
今回の復興は、日本が一つになって前よりも強くなるための試練なのかもしれません。

出来るまでやれば、出来ないことなどない。



最後に、私の友達が活動しているNPOをご紹介したいと思います。

【青年東北支援隊】
http://stshientai.com/

全国から集まるボランティアをさばききれない状況の中で、独自にボランティアを募集し、必要なところへ派遣する団体です。
ボランティアに行きたいけど、どうすればいいかわからない方は、ぜひ御覧ください。

ご賛同いただける方に、応援金も募集しているようです。


コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索