窓に心に隙間風

う~さっぶ~・・・
洛中では今日、この冬初めての雪が降りました。

ほんの粉雪ですが、冬の訪れを告げる、見た目にもつべたい雪でした。

土間のあるおはりばこでは、ストーブを焚いても焚いても13度が限界。
窓際へ行けば、隙間から冷たい空気が差し込んできます。

トイレは離れにあるので、トイレの利用はきわめて計画的に行わなければいけません。
お風呂上り、暖かいうちにいっておかなければ、夜中に尿意と後悔に襲われることになります。

とまあ何かと不便な町家暮らし。
夜は極力自分の部屋から出ず、ゆっくりしているのが一番です。


といいたいところですが。

マイルームはそんなに甘くありません。
容赦なく隙間風が窓から入ってきます。
立て付けの悪さ、ということならまだ目張りするなりなんなりするのですが、もっと切ないんです。

120501.jpg

窓が割れていたり、

120502.jpg


外れていたり。

しかも、ビニールテープが郷愁を誘い、体だけでなく心も寒くなってきます。

昭和で時が止まってしまったこの家、店主に家を合わせるのか、店主が家にあわせるのか。


どうやらこの冬は後者のようです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索