新風館ブライダルショーにおはりばこの婚礼髪飾りが登場

7月30日・31日と、新風館でブライダルショーが行われました。

新風館の3階にある「ASUKA STUDIO」さんという、衣装・ヘアメイク・ポートレートまでをカバーする、ブライダルスタジオの主催で行われたもの。

ここは、ドレスがメインの洋装提案のブライダルスタジオで、登場したモデルさんたちもほとんどがカラードレス。
それでも、2パターンだけ和装の婚礼衣装で登場しました。

その2パターンの和装に、おはりばこは髪飾りを提供させて頂きました。
その様子をご紹介します。



11080201.jpg
元ミス日本にして、京都市観光大使の頭川さんが着ているのは、大人っぽい寒色系の振袖コーディネート。
髪飾りは、

大輪の華下がりぶら下がり
大輪の華下がり単品×2
小田巻コーム
はんくす(帯留として)


bridal.jpg

もう一人のモデルさん、あやさんがは打掛コーディネート。
黒を基調に、紅白を散らした、古典的かつ可愛らしい正統派花嫁さんです。

ヘアは、モリモリなんだけどもいやらしさをまったく感じさせない、とっても華やかなコーディネートです。

左サイドは、
11080202.jpg

花ころも夫婦鶴
大輪の華下がり単品
はんくす
菊大輪
小田巻コーム


右サイドは
11080206.jpg

はんくすかんざしビラ
下がり藤かんざし
重ね梅クリップ
梅の香

おはりばこは、現在はやりのでっかい髪飾りをドーンというスタイルはこれまであまりお客様に推奨してこなかったのです。
理由は、下品になりがちだから。

でも、プロのスタイリストさんによってヘアメイクと計算された髪飾りの配置なら、これだけ髪飾りを盛ってもうるさくならない!

これは、目からウロコでした。
メインの髪飾り一つと、サブの髪飾りを散らすという提案が多かったのですが、メインの髪飾りを配色を考えながら敷き詰めて行っても、これだけ華やかで格式を落とすことなくかわいい花嫁さんスタイルにすることができるのですね。

色・素材・形にこだわったつまみ細工だからこそ実現できるんだと、改めて確信しました。

11080203.jpg

おはりばこの髪飾りを、ここまで可愛く使ってくださったのが、スタイルストの林真由美さんです。
七五三の撮影でもおせわになったスタイリストさんで、本業はブライダルのスタイリングを主にされているかたです。
前回一緒にお仕事をさせていただいて以来意気投合し、今回のイベントでもおはりばこの髪飾りを使って下さいました。

着る人はもちろんですが、スタイリストさんあっての髪飾りなんですな。
感謝感謝です。


11080204.jpg

華やかなドレスの中にあっても、やはり存在感が際立つ和装の花嫁さん。
この猛暑の中、布団のようなきものをまとっても汗ひとつかかないモデルさんたちのプロっぷりも素晴らしい。


髪飾りのメーカーとして、つねに花嫁さんが着けるところを考えて企画・デザイン・製作していますが、知らない間に固定観念に囚われていましたことが、よおくわかりました。
髪飾り製造のプロとしての自負はありますが、着こなすプロ・飾るプロと一緒に仕事をさせていただき、もっとも花嫁さんが引き立つ髪飾りの使い方というものを教えていただきました。

それは、髪飾り屋からすると、髪飾りが一番生かされる使い方でもあります。
本当にいい機会をいただきました。
関係者の皆様に、深く感謝申し上げます。


おまけ画像。
11080205.jpg

ブログを見て遊びに来てくれただるま商店の島さんと、ツイッターをみて駆けつけてくれた里帰り中のCHOKOちゃん
レアなツーショットです。

うちのカミさんと4人でお茶して、爆笑して帰りました。



今回のイベントの様子をこちらにまとめました。
もうすぐ花嫁さんな皆様、ぜひご参考まで。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
bridal.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索