知る人ぞ知るとはまさにこのこと

星の数ほどあるカフェ。
特に最近、こぢんまりした町家カフェというのは京都でもたくさん出来ました。

どこも個性があって面白いのですが、やはり町家をベースにお店をしているだけあって、「ほっこり感」を感じさせてくれるお店が多いです。

そんななか、町家でやっているにもかかわらず、心地よさと怠惰とフォークとパンクが同居した異質なカフェが紫野にはあります。
その名は汚点紫(しみむらさき)

北大路堀川西入る北側にあるそのカフェは、はっきりいって雑誌に載ることも無いので、まさに知る人ぞ知るカフェなのです。
じゃあ地元民御用達かといえばそうではなく、「汚点紫が好きな人」が集まるお店なのです。

ここは万人受けのカフェではありません。
ぴったりはまる人、ぜんぜん合わない人、くっきり分かれるお店です。
そのことは、店内の張り紙からもうかがい知ることが出来ます。

「お客様は神様ではない。けれども、敵でもない。」
「思いやりの無い方、横柄な方お断り」

店主であるギンジさん、見た目はすごくいかつい。
見た目だけでなく、きっとアウトローな一面を持った人だと思います。
でも、独特の暖かさを感じさせる、不思議な人です。

そんな汚点紫、事情により閉店されることになっていたのですが、なんとか営業延長が決定したのです!

それを記念して、今週末にライブが行われます。
そのフライヤーがこちら。
121201.jpg



ライブといっても、ギンジさんの仲良しの皆さんでわいわい音を出す、
というもの。いわばお祭りです。
ほんとにいろんな人が参加します。

もし興味をもたれた方は、ぜひ行ってみてください。
これも、一つの見えざる京都の形だと思います。本当にいい店です。

万人受けしない、と書きましたが、あなたにとって合う店かどうかをどうやって判断するのか?

それは簡単です。

店の前に立ってみて、妙なワクワクを抑えきれなかったら、それは汚点紫に呼ばれている証左です。

そのときは、迷わず暖簾をくぐってください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索