ボールと友達にはなれなかったけれど

高校サッカーのテーマソング、「振~り~向くなよ~、振り向くなよ~」って背後で歌い、振り向いた顔をグーで殴った挙句、「振り向くなって言うたやん」と何も悪くない被害者の非を責める、というきわめて理不尽な悪戯が店主が小学校のときに流行りました。

いつの時代も子供ってのは、純粋で無邪気で、そして残酷な生き物ですね。

店主の世代は、小学校時代にかの伝説的(無茶)蹴球漫画、「キャプテン翼」に胸熱くし、中学校のころJリーグが開幕した、サッカーブームチルドレンであり、店主もご多分に漏れず、その影響下中学よりサッカーを始め、爾来、趣味として嗜んでいる次第でございます。

高校時代店主は、チームの要、点取り屋として活躍し、他校の選手たちから「岩倉の虎」、「ネットブレイカー北井」などと恐れられ、というのは勿論冗談で、どちらかというとバンド活動に明け暮れ、部活には出るもののろくすっぽ練習もしていなかったたため、試合ではベンチを温める日々が続いておりました。

と書くと、まるで部のお荷物、鼻つまみのような印象を持たれるでしょうが、自分の名誉のために補足しますと、先輩からその挨拶の声を買われ、応援団長に任命されたり、また、石灰の入ったラインを引く道具あるじゃないですか、あれで直線を引くことにかけてはチーム内において他を全く寄せ付けず、あるときは敵チームからも絶賛の声を頂いたほどで、こういった本業のサッカー以外の活躍で、監督以下チームメイトたちを刮目させていたのです。多分。

現在は、高校時代の同胞が集う社会人チームに加盟しており、1ヶ月に一回ほどのペースで公式戦が行われます。
試合の日は、早朝試合に参加し、とんぼ返りで店に立つ、といった加減で、今日も京セラの本社近く、下鳥羽のサッカー場でゲームをしてきました。
012101.jpg


現役時代から、サッカーを楽しむというより、部のみんなと一緒にいることが楽しかった店主ですが、それは今も変わっておりません。
青春時代苦楽を共にした盟友たちと笑いながらボールを蹴り、昔話や馬鹿話に花を咲かせる、それが楽しみで今もサッカーを続けています。

だから、お腹が出てきてろくに走れなくなっても、店主の下駄箱からスパイクがなくなることは、きっとないでしょう。
012102.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

おはりばこ店主

  • Author:おはりばこ店主
  • おはりばこ店主です。
    花嫁さんや成人式・卒業式、七五三などのハレの髪飾りやかんざしを、京都からお届けします。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索